最近のトラックバック

フォト

« 保護シール剥がしの儀式 | トップページ | 久しぶりに銀座正規店 »

2020年7月26日 (日)

旧青黒の買取値、未使用なのにたったこれだけ!?

先日(といっても1ヶ月ぐらい前)、旧青黒ref.116710BLNRの見積もりを取ってみた。
都心にショップを持つ買取業者10社ほどにネット査定を依頼し、出てきた買取値の高い順に4社ほどセレクトして、実際に現物を持ち込んで実地査定してもらったのである。

当時はコロナの緊急事態宣言が解除されてすぐの頃で、まだまだ新型コロナウイルス肺炎騒動の真っ只中であったため(今もまだ真っ只中のままだが)、地域を限定して午後から夕方までという短時間で素早く回った。
苦労の甲斐あってか、旧青黒ref.116710BLNRの買取に関するナマ情報を得ることが出来た。


この見積もり取り、実は”上がり時計”のための資金作りである。
そろそろ本格的に”上がり時計”を考えているので、年内から1~2年後あたりになんとかしたいと目論んでいるのだが、『未使用』&『保護シール保存』状態の旧青黒ref.116710BLNRならば高く買い取ってもらえるのではないかと目論んだ末の行動である。
この時は、ペプシ赤青ref.126710BLROとブレスレットを交換して使おうという構想は、頭の中になかった。


さて、この旧青黒ref.116710BLNRは、当ブログにて何回か書いたように

・箱、緑タグなどを含む付属品完備
・保護シール付き
・日常使用していないほぼ未使用に近い状態
・日本国内の非正規中古販売店で2019年7月購入

という、『未使用』を標榜するに値するまあまあ良さげな状態のブツである。

20200726c




まずはネット査定であるが、僕が非正規中古店でプレミア値を承知で買った時の購入金額を1とすると

・上位5社の最高値:1.01
・上位5社の平均値:0.94
・下位5社の平均値:0.84
・下位5社の最低値:0.81

となった。
上記数値は、あくまでネット上での査定で現物を直に見て査定した数値ではない。


次の現物持ち込み査定は、当然だが高評価した上位4~5社に絞り、上位から訪問した。
結果は?




・・・、惨憺たるものになった(苦笑)。

・当初メールや電話で最高値(購入金額の1.01倍)を提示して来たA社は17万円もの減額
・次点のB社は10万円もの減額(A社を逆転したが)
・歩度測定まで持ち出したC社などは8万円減額
・それ以外の各社は変わらず、シブチン

この、笑うに笑えない惨憺たる結果であるが、僕の持ち込んだブツには

・ラグの部分の保護シールが一部欠損
・ブレスレットのクラスプ部分の保護シールが1ヶ所欠損

と意外なところにクレームをつけられてしまい、この保護シールがないだけで1ヶ所あたり10万円減額させられた。
日常的には未使用であることは明らかであり、傷一つない非常に良い状態のモノにもかかわらずだ!

20200726a
20200726b




このように、仮にネット査定では高値であったとしても、当然ながらそれをそのまま信用することは出来ない。
ネット査定の時点では適当な高値を言っておいて、実際にショップに来させるための手段なのかもしれないのだ。
そしてどれだけ状態の良いブツであっても、少しでも瑕疵(かし)を見つけたら、平気で大幅減額してくるのが、彼らの常套手段。

当たり前の事だが、業者は出来るだけ安く買い叩こうとする。
そして売るときには、自分たちが指摘した保護シールがラグに付いてなくとも、売値を高く設定するのだ。

このような魂胆が見え見えだったので、僕は3社回ったところでホトホト嫌になってしまった。
新型コロナ騒動喧しい時でもあったので、早々に3社で打ち切りとし、買取り交渉を終了した。
もちろん旧青黒は売らない。


そうか!、そんなに安くしか買取らないのなら、売らないで使おう。
保護シールの付いた未使用品だからといって、使わずに未使用状態をキープしたまま保管するなんて、愚の骨頂だ!
大いに使おう!!

そういえば、ペプシのジュビリーブレスを念願のオイスターブレスに換え、この旧青黒のオイスターブレスをジュビリーブレスに換えて使うという『奥の手』があったではないか!
元々旧青黒はその目的のために、大枚はたいてプレミア価格を承知で買ったのではなかったか?
元の目的に戻って、そして繰り返すが大いに使おう。


ということでブレスを換装し、保護シール剥がしを自分で行って、現在に至る。
今回のGMTマスターⅡのブレス交換、裏ではこういう顛末があったのである。

« 保護シール剥がしの儀式 | トップページ | 久しぶりに銀座正規店 »

Rolex」カテゴリの記事

コメント

数ミリのビニール保護シールがン万円の価値とは世も末ですな。
ゴールドやレアメタルより価値あるとは凄い(苦笑)
卑しい店に売らなくて正解です!

こんばんはイワさん。
あまり清々しい話題でないにもかかわらず、コメントどうもありがとうございます。

そうなんですよ、たった数cmしかないビニール製保護シールが、1ヶ所10万円なんですから(苦笑)。
買取業者の世界では、ゴールドやダイヤモンドより高いようで(大爆笑)。


>卑しい店に売らなくて正解です!

おっしゃるとおりですね。
出来る限り瑕疵を見つけてはなんだかんだと言い訳を作って安く買い叩き、一転今度は絶対に値引きせず高く売りつけようという、彼らのしたたかな商法を目のあたりにしまして、その世界に嫌悪感すら感じました。
まあ・・・あまり近づかない方が、精神衛生上良さそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 保護シール剥がしの儀式 | トップページ | 久しぶりに銀座正規店 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ