最近のトラックバック

フォト

« 速報:僕のGMTマスターⅡ祭り!! | トップページ | 6桁ペプシ(赤青)をオイスターブレスにする!・前編 »

2020年7月12日 (日)

今年(2020年)の新作の中で・その5(最終話)~あったらイイなの高い時計

今年の新作、ロレックスRolexも9月1日にネット発表するとの噂が流れている。
大方の予想は、サブマリーナーのムーブメント換え仕様つまりキャリバー3235に換装されるとの見立て。
デイトナやエクスプローラーⅡはどうなるのか、9月が楽しみだ♪


さて今年の新作を自分の好みと独断と偏見によって選別し、いくつかピックアップしてその1からその4で紹介してきたが、キリが無いのでここら辺で取りあえずお仕舞いにしよう。
あとは、気になった時に適宜個別に記事にする。
で、最終話に紹介するのは、あまりにも高価ゆえ僕には買えないが、あったらイイなと思ったアイテムを2つ。


まず最初は、ランゲ&ゾーネA.Lange&Sohneのランゲ1タイムゾーン
特に、ブティック限定100本で18KYGの136.021 が僕には良さげだ。
直径41.9mmのケースの中に上手くまとめた、機能性の高さを感じさせる上品なデザインが秀逸である。

機能としては、時分秒以外にアウトサイズデイト(日付表示)、第2時間帯設定用24都市リング(サマータイム対応)、デイ・ナイト表示、パワーリザーブ表示がある。
嬉しいことに、秒針はハック機能機能付きだ。
これならば、完全に上がり時計になる。

Lange3
Lange5




2020年新作のランゲ1タイムゾーンは世界24箇所
の時間帯に対応するワールドタイム・ウォッチであり、2005年に開発されたワールドタイム・ウォッチをベースに新たな自社キャリバーL141.1を搭載することで、新たに開発されたもの。
クロノメーター認定。
手巻き巻き上げ方式で、72時間のパワーリザーブを有するのも現代のニーズに良くマッチ。

Lange4




この18KYGの136.021は税込み643万5000円。
まあ、逆立ちしても買えないワナ・・・(爆)。
僕の”上がり時計”化計画は、あえなく頓挫(大爆笑)。

バリエーションとして18KWGとブラック文字盤の組み合わせの136.029、18KPGの136.032 の2つがあり、こちらは各税込み606万1000円となる。
面白いことに、18KYGの方が18KWGや18KPGより高いのだ。
これはひょっとすると、18KYGの復権の予兆?なのだろうか!



2つ目は、例のBovet
半年前に日本橋三越にて、世界に10個ほどしかない6000万円と4000万円の時計を見せていただいたことがある。
Bovetの時計に掛ける情熱をヒシヒシと感じた作品だった。

今年もやってくれています、Bovetのパスカル・ラフィさん!
今年の新作はまたも10本のみ限定製造の「ヴィルトゥオーソ X トゥールビヨン」 

特許取得のフライング・トゥールビヨンと3つの異なる都市の時間帯表示機能を搭載し、現地時刻は表(おもて)面のダイヤル中央と時計裏面のオフセットして置かれたサブダイヤルで表示し、他の2つの時間帯を表(おもて)面の文字盤に横並びに配置された地球儀のようなハンドペイントされたダイヤルで表示する。
これらのサブダイヤルは、各都市の夏時間や冬時間にも対応しているそうだ。

Bovet3




機能としては、時、分、トゥールビヨン上の秒表示、半球状の地球地図上に第2時間帯および第3時間帯を表示、24時間針および24都市表示ディスク、パワーリザーブ表示。
10日間のパワーリザーブなのだが、これがなんとシングルバレルらしいのが驚き。
まあ、ケース径が46mmで厚さが17.2mmもあるがゆえでもある。
価格は、税込み4455万円也。
ランゲより、さらに買えっこない!


Bovet4




時計表面のダイヤルは、下地にフルリザン装飾を施したブルーフランケダイヤルで、表面に施されているラッカーギョーシェは、半月モチーフのパターンを描いている。
また第2時間帯および第3時間帯を表示する半球状の地球には、熟練のミニアチュール ペインターによって発光塗料を使って立体的なハンドペイントが施されている。

まずもって、僕はこの地球儀を模したペイント装飾に魅了された。
色目も僕好み。
価格だけが越えられない大ネック(爆)。

Bovet5




ということで、絶対に買えないが上がり時計として欲しいアイテムを2つご紹介した。

最近は視力の劣化が激しく、時計にしてもパーペチュアルカレンダーのような小さい文字盤の中にゴチャゴチャといろいろな機能が付いているモノはだんだん苦手になって来た。
だから今年の新作の中にもヴァセロン・コンスタンタンやIWCに上品で機能的なパーペチュアルカレンダーがたくさん出ているのだが、それらはあえて外した。

また機能面からしても、秒針や日付表示のないモノは僕自身の好みの問題で出来るだけ外した(秒針と日付がついてないと、僕は絶対に買わないから)。
Bovetの時計だけは完全に別次元級の逝ってしまった時計なので、これだけは例外(どんなに頑張ってもどうせ買えないし(爆))。
その1~その5は、あくまでも僕が欲しいと思う時計という観点で紹介したのでご理解を。

(この項目、これにてお仕舞い)

« 速報:僕のGMTマスターⅡ祭り!! | トップページ | 6桁ペプシ(赤青)をオイスターブレスにする!・前編 »

時計全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 速報:僕のGMTマスターⅡ祭り!! | トップページ | 6桁ペプシ(赤青)をオイスターブレスにする!・前編 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ