最近のトラックバック

フォト

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月13日 (日)

TBS「半沢直樹」の100倍返し饅頭

先日、六本木に用事があって出かけた際、ついでに赤坂のTBSサカスに寄って、ついに買ってしまった。
僕は、この手のノベルティとかファン商品にはほとんど興味がないはずだが、これは別だったようだ(爆)。

TBS日曜劇場「半沢直樹」のノベルティお菓子(饅頭)。
タイトルが凄いよね、『100倍返し饅頭』だって!

20200913a




半沢の東京セントラル証券と東京中央銀行の名刺が、おまけで付いてくるのが嬉しい。
というか、この名刺が欲しかったので饅頭を買ったようなもの(爆)。

ところが買う前はあまり期待していなかったのだが、食べてみたらこの饅頭とても美味しい。
名刺だけでなく、この饅頭はオススメである。
都内の人なら赤坂のTBSサカスで直に買えるし、地方ならば通販で入手可能だ。

20200913b




いつものように、我が左手の相棒達と一緒に撮ってみる。
ロレックスRolexのディープシーDブルーref.126660と、GMTマスターⅡ青黒バットマンref.116710BLNR。

20200913c
20200913d




名刺にある会社の名前と地名はもちろん架空なのだが、こういう『お遊び』は面白いねぇ。
名刺は裏側の紙を剥がすと、ステッカーとしても使える。

20200913e

2020年9月 6日 (日)

大都会のオアシス

前々回の記事に、表参道に用事があってついでにランチを食べたことは書いた。
用事を済ませてちょっと時間が空いたので、フラフラと散歩していて見つけたのがこのお店「カフェ&ダイニング ゼルコヴァ」https://www.strings-hotel.jp/omotesando/restaurant/zelkova/ )。

1時間ほどの休憩のため入ったので、レストランの中ではなくテラスを利用した。
表参道にいつの間にこんな店が出来ていたのかと、ちょっとした『浦島太郎状態』である。
このテラスがなんとも植民地風亜熱帯の感覚であったが、真夏なのでそういう雰囲気を醸し出しているが、秋になると表参道のケヤキ並木の落葉が楽しめるらしい。
20200906f
20200906e




ここはもともと三菱グループの結婚式場「青山ダイヤモンドホール」で、レストランや喫茶店は確かホテルオークラが運営していた。
5年ほど前まで、僕はこの「青山ダイヤモンドホール」の喫茶店やホールをよく利用していたのだ。
1階にあった喫茶店は表参道にしては非常にリーズナブルな価格設定で、しかも室内がゆったりしてくつろげた。
ホールの廊下の装飾が素晴らしく、トイレなども非常に綺麗で清潔であり、なによりふかふかのソファが置かれた休憩室があったので、表参道に遊びに行ったらほぼ必ずと言ってイイほどここで休憩していた。
表参道のランドマークとして、知る人ぞ知る的存在だったのである。

そのホールが今も続いていると思っていたら、残念なことに2016年10月に閉鎖され、新たに『The Strings Omotesandoh(ザ ストリングス 表参道)』 という名前の結婚式場やレストランなどを含む大型複合施設として2017年にオープンしたそうな。
ここ3~4年はほとんど表参道に行くことがなかったので、迂闊にも「青山ダイヤモンドホール」が閉鎖されていたことを知らずにいたのであった。

20200906a
20200906b




当日の我が左腕の相棒は、ロレックスRolexディープシーDブルーref.126660
灼熱の夏はDブルーばかり活用。
トロピカルなこの店の雰囲気にも良く合っている。
20200906c_20200906000101
20200906d_20200906000001

2020年9月 1日 (火)

ロレックスRolexの2020年新作が、いよいよお目見え!!

9月1日午前中に、ロレックスRolexの2020年新作が発表された。
今年は昼前に見ることが出来た。

概略を、以下に箇条書きにしておく。
画像は、全てHODINKEE japan(https://www.hodinkee.jp/articles/rolex-submariner-ref-124060-41mm-new-release )のサイトから引用させていただいた。


<サブマリーナーノンデイトref.124060>

・今年の新作の目玉
・41mm径にサイズアップ
・ムーブメントを3230に換装
・パワーリザーブが70時間となった
・文字盤下の「SWISS MADE」表記の間にロレックスの王冠を追加
・ラグ形状が少しスリムになり、ブレス幅も広くなった

20200901a
20200901b



<デイト付きサブマリーナーref.126610>
・41mm径にサイズアップ
・ムーブメントを3235に換装
・パワーリザーブが70時間となった
・文字盤下の「SWISS MADE」表記の間にロレックスの王冠を追加
・ラグ形状が少しスリムになり、ブレス幅も広くなった
・グリーンベゼルで黒文字盤が追加
・ブルーベゼルで黒文字盤が追加(但しホワイトゴールド版のみ)

20200901e
20200901f



それ以外には
・金無垢スカイドゥエラーがオイスターフレックス化
・オイスターパーペチュアルの39mm径を廃止し、41mm径を追加

20200901g


などが主なところ。
結局、新作の目玉は事前の予想通りサブマリーナー系で、ケースのサイズが41mm径に拡大され、ムーブメントが3230、3235(日付機能付き)に換装されてパワーリザーブが70時間に向上し、日付変更時間帯がなくなった。
しかもラグがややスリムにシェイプされ、”座布団”と揶揄されコレまで不評だったケースの形状が5桁以前のサブマリーナーに近くなった。

このラグ形状のスリム化であるが、下画像にあるように、左の旧型(ref.114060)と比べてかなり格好良くなっているのは朗報だ!
実際に腕に装着しているさらに下の画像を見ると、相当にスマート感が出ている。
これなら”座布団”への拒否感は、かなり払拭されるだろう。

20200901c
20200901d



僕個人としては、44mm径のディープシーDブルーや43mm径の赤シードを所有しているせいか、または日頃デイトナの40mm径を小さく感じているせいか、サブマリーナーが41mm径にサイズアップされても特に違和感を感じることはない。
座布団ケースが嫌いだったので、ラグ形状が少しでも絞られてスマートになるのは、好感が持てる。
ベゼルもブルーベゼル版が41mm径として追加されたので、ブルー系統が好きな人には欲しくなってくるだろう。
但しこのブルーベゼル版はホワイトゴールドのみで、400万円以上するのでとても買う気にならない。


以上、今年の新作を概観したが、残念ながら今年の新作には買いたいと思うまで惹かれるアイテムが何もない。
さらに言えば、もうこれ以上ダイバー時計を増やす必要もないので、新型サブマリーナーも買うことはない。

今年は財布の中身を休養させよ!という、天からの声なのかもしれない(苦笑)。

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ