最近のトラックバック

フォト

« 最近ちょっとイイなと思った時計3選 | トップページ | 今年の三越ワールドウォッチフェアに行って来た »

2020年10月11日 (日)

気になったので計測してみた・その1

前回記事で、フレデリック・コンスタントFrederique ConstantのハイライフパーペチュアルカレンダーマニュファクチュールFC-775N4NH6B(ブルーダイヤル、SSケース&ブレスレット)が、機能的にはほぼパーフェクトなのに、残念ながら唯一パワーリザーブだけが38時間と物足りないという話を書いた。

パワーリザーブの話を書いたものだから、僕の所有するいくつかの時計のパワーリザーブはどうなっているのか、ちょっと気になり出したので、早速調べてみることにした。
(今現在、時計に関しては記事にするネタ切れで、こういう話しか出来ないのがホンネかも(爆)。)


実験と言えるほどの大袈裟なものではないが、各時計の龍頭を目一杯巻いて満タンにしてそれを放置。
開始時間からの経過時間を計るというもの。
それを各々2回やって平均値をとる(1分以下は切り捨て)。
結果は以下の通り。


・パネライPanerai PAM00102金無垢ラジオミール40mm径

公称値:50h
1回目:51h23m
2回目 : 51h21m
平均値:51h22m

ムーブメントはゼニスZenithのエリートなので、メーカー公称は50時間である。
それを平均値で1時間以上上回り、51時間22分であった。
1回目と2回目の計測値がほぼ同じであったことも、かなり優秀な証と言えよう。
50時間あれば、僕の感覚ではギリギリまあなんとか。

Paneraipam0010335_20201011221501
Paneraipam0010340_20201011221501
Paneraipam0010339_20201011221501




・カルティエCartier PashaSSローマン数字38mm径


公称値:48h
1回目:49h46m
2回目:49h54m
平均値:49h50m

ムーブメントはフレデリックピゲだかジラール・ペルゴーだか、僕も詳しくは知らない。
出自がかなり古く1990年代前半に2年間ほど出回ってすぐに絶版となった、Pashaシリーズとしてはかなりなレア品なため、情報がほとんどない。
推測するに、たぶん48時間。
それでいくと、平均値で1時間50分も上回っていて2回測った値もばらつきが10分以内なのでかなり優秀と言える。

Cartierpasha38mm11
Cartierpacha38mm9
Cartierpasha38mm28_20201011223101




・カルティエCartier タンクアメリカンLM金無垢


公称値:38h or 42h?
1回目:40h51m
2回目:40h50m
平均値:40h50m

こちらのカルティエもかなり古く、1990年代半ばのもの。
ムーブメントは不明で公称値を38時間としたが、ひょっとすると42時間かもしれない。

このころはパワーリザーブは40時間以下のものがごく通常だった。
時計はコレクションするものではなく、1本を毎日大事に長く使う時代だったから、38時間でも問題なかったのだ。
もし38時間なら、平均値が2時間50分も上回っているのでかなり優秀。
42時間なら、ちょっと劣る。
2回の計測値にバラツキがほとんどなかった(1分というのは驚き!)のは、意外にも目茶苦茶優秀の証なのかも。

このタンクアメリカンについては龍頭が非常に小さくて扱いにくく、また龍頭の回転が非常に堅く渋いので、巻きにくいのが特徴。
この巻きにくさは製品差ではないようで、過去に巻きにくいというクレームがメーカーに
多数あったようだ。
僕も正規販売店に出して直してもらおうか悩んでいるが、巻きが堅く渋いだけで何万円も取られるのは嫌なので、そのまま放置して数年経つ。
現行のものは改良されているのだろうか?

Cartier-tankamerican21

Cartier-tankamerican50_20201011223001
Cartier-tankamerican26




・ロレックスRolex デイトジャストロレゾールマザーパール文字盤ref.126333NG

公称値:70h
1回目:71h13m
2回目:71h52m
平均値:71h32m

2回の計測とも公称値を1時間以上上回って優秀なのだが、上記3つの時計と違い2回の計測値にややバラツキ有り。
巻きを目一杯やると、ムーブメント3235の特徴なのか、ザラザラという感触が手に伝わって来るようになる。
このザラザラ感が出てきたら、巻き終わりの合図。

70時間あれば、金曜日の夜遅くに腕から外して放置し休日に別の時計を使っていても、月曜日の昼でもまだ充分に動いていてくれるのは大いに助かる。
だから、これから先、僕の時計選びにおけるパワーリザーブの条件は、許容範囲ギリギリで譲歩して60時間(つまり2日+半日ということ)、出来れば70時間以上(つまり約3日ということ)は欲しいと考えている。

Rolexdatejust126333mop6
Rolexdatejust126333mop5
Rolexdatejust126333mop37




と、まあ、ドレス系はおおむね公称値を超えて優秀。
但し、日常使用ではこの実験のようにあまり目一杯巻く必要はないだろう。
目一杯巻いてしまうと、ムーブメントや龍頭部分を痛める可能性がなきにしもあらずなので、程々に。

お次は、スポーツ系を計測してみたので、その2で。

(その2に続く)

« 最近ちょっとイイなと思った時計3選 | トップページ | 今年の三越ワールドウォッチフェアに行って来た »

時計全般」カテゴリの記事

コメント

久々の40mm金ラジオ、いつ見てもいいですね~

でも、袖が写ってるホームスパンのジャケットの方がもっと気になる爆
ツイード素材の中ではホームスパンが一番好きな物で^^

こんばんはイワさん、どうもコメントありがとうございます。

最近は、40mm金無垢ラジオも見かけなくなりましたよね。
パネライは、もう少し40mm径や42mm径を増やして欲しいなぁ・・・と思います。


>袖が写ってるホームスパンのジャケット

このジャケットは、もう7~8年ほど前にちょっとリキ入れて注文したアイテムです。
現地の純正ブリティシュホームスパンを使い、体型に合わせて3つボタン上2つ掛けで作ってもらいました。
ミディアムグレーにグリーンが入った布地で、店で見た中で一番気に入ったモノですから即決。
そして裏地を凝って、ブリティッシュグリーンの色のキュプラにしてもらいました。

今も冬になれば一番愛用しています(^^)/。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近ちょっとイイなと思った時計3選 | トップページ | 今年の三越ワールドウォッチフェアに行って来た »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ