最近のトラックバック

フォト

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月29日 (日)

日本橋室町のKINZA

銀座ならぬ金座
江戸時代、日本橋室町あたりに金座があったのだという(詳しくは、金座 - Wikipedia を参照)。

日本橋界隈を散歩中に、その名にちなんで今年の9月にオープンした「KINZA」KINZA Japanese Restaurant (byo.co.jp) )というお店を偶然発見した。
ちょうど外に出ていた店員さんに店の概要を聞いたら、各地の秘蔵日本酒を置いてあるのが売りだと言う。
じゃあ、というので「而今」という日本酒があるかどうか聞いたところ、ストックしていると言う。
僕は「而今」が大好物なのだが、残念なことに「而今」を置いてある店は銀座などでもほとんどないのだ。
これは入らない理由などない!!

20201129a



ちょうど夕食時だったので、店内は7割程度の混み具合であった。
お客のほとんどはサラリーマンとOLで、雰囲気はとても良く安心出来る。
店内は暗めのシックなインテリアで、思ったより中は広く、奥の方は多人数が集まれる個室になっている。

20201129b




今回は偶然入っただけだったので食事はせず、様子見を兼ねて日本酒とお通しのみを注文。
日本酒はもちろん「而今」
飲むのは半年ぶりだが、あいかわらずフルーティでコクがある美味い味。
僕が知っている店では、銀座に1軒「而今」を置いてある店があるのだが、そこも最近はご無沙汰である。
この日の左腕の相棒は、ロレックスRolexディープシーDブルーref.126660

20201129c
20201129d

2020年11月22日 (日)

たまにはこっちも使おう!・その2

お次はパネライPaneraiのPAM00103ラジオミール40mm径金無垢
今のところ、僕の持っている金無垢は、この40mm径ラジオと前回のカルティエCartierタンクアメリカンLM金無垢の2つのみ。
40mm径ラジオも、タンクアメリカンLMと同じくここ最近はずっとタンスの肥やしと化していた。

久しぶりに腕につけてみると、さすがにこのラジオには
金無垢の豪華さだけでなく独特の色気をも感じる。
下写真は、日本橋三越のお客様サロンに行った時に撮ったモノ。
この時期、平日はさすがにお客は少ない。
ロレックスRolexには寄らず。
入荷がないでは、行く意味がないからねぇ・・・。
他の時計フロアも閑散。

Paneraipam0010341
Paneraipam0010342



別の日に、オープンしたばかりの丸の内テラスへ。
土曜日だったからか人出が多くでビックリで、さすがは丸の内界隈。
これでさらに活性化するなら、元昼間住人としては嬉しい限り。

Paneraipam0010343
Paneraipam0010344



その夜は、日比谷にある行きつけのビストロに入る。
コース的に注文して前菜にスープ、サラダ、そしてメインの肉料理。
ワインは白ワイン。
ここの料理はとびきり美味くて安い。
教えたくない隠れた名店の一つといえよう。
今回の新型コロナウイルス騒動でかなり心配したが、3ヶ月ぶりに行ってみたらお客は回復していて盛況であった。
隠れた名店が万が一にも閉店してしまったら・・・と思ったら気が気ではなかったが、どうやら大丈夫なようで一安心。

Paneraipam0010345
Paneraipam0010346

2020年11月15日 (日)

たまにはこっちも使おう!・その1

普段、ロレックスRolexばかり使っているものだから、中々出番が回ってこない革ベルトの時計達。
だんだん寒くなってきた今日この頃、いよいよ革ベルト時計の出番だ。

まずはカルティエCartierタンクアメリカンLM金無垢
ここ最近はタンスの肥やしと化していたが、久しぶりに腕につけて、金無垢の豪華さ、スクエアな文字盤のスマートさ、革ベルトの暖かみを満喫。


銀座に用があって行ったついでに、行きつけのケーキ屋に入る。
定番のショートケーキとダージリンの紅茶を注文。
ここのケーキは安くてとても美味い♪

夕方になると少し寒くなってきて、ツイードのジャケットを着てちょうど良い按配。
このジャケットは本場スコットランドのハリスツイード製で、7~8年前にオーダーしたもの。
今やツイードジャケットを着ている人も少なくなり、コスプレ化しているのが情けない(苦笑)。

Cartier-tankamerican58
Cartier-tankamerican59

2020年11月 6日 (金)

日本ロレックスの東京サービスセンターへ

先日、東京丸の内にある日本ロレックス東京サービスセンターに行って来た。
普段は外を通り過ぎるだけで特に用はない場所なので、その日が初めての訪問。

20201106a




僕が行ったのは平日の午後遅くで、応対を待っている間にも5~6人のロレックス所有者達が入れ替わり立ち替わりひっきりなしに来ていた。
ビジネスマンっぽい人、自営業っぽい人、学生っぽい人、様々である。

応対は、予想していたより丁寧かつ細やかであったので安心出来た。

20201106b




持参したのは、GMTマスターⅡ旧青黒バットマンref.116710BLNR。
残念ながら国内に部品スペアはなくスイス本社から部品を取り寄せるため、納期は2~3ヶ月かかるらしい。
今は、スイスをはじめヨーロッパ各国は新型コロナウイルス肺炎騒動の第2波に見舞われている最中なので、ひょっとするともう少し遅れるかもしれないが・・・。

下写真にあるような受付証明カードをいただいた。
そして旧青黒バットマンはサービスセンター預かりとなったため、今現在は手元にない。
どのような相談案件なのかそしてその経過は、2~3ヶ月後に旧青黒バットマンが手元に戻ったら記事にしよう。

20201106c

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ