最近のトラックバック

フォト

Alden

2019年3月31日 (日)

Alden of CarmelからようやくAF36が届いた!

去年の年末以来の、久々の靴の話題である。
この2月に、久々にAldenの靴を個人輸入したのでご紹介しよう。

去年Alden of Carmelでカラー8コードバンのAF26を購入した際に、これが格好良くてしっかりした作りだったので、すかさずブラックコードバンのAF36も追加でリクエストした。
コンタクトを取ったのが2018年の6月で、半年掛けてやっと出来上がって届いた。


2月中旬は特に大雪とかの天候アクシデントはなく、順調にほぼ2週間掛けて西海岸のロサンジェルス近くのカーメルを出発してポートランドとアンカレッジ経由で日本に到着。

Alden171




いつもと同じく、梱包された段ボール箱の中にはグリーンのAlden純正の箱が。
純正箱の中にはビニール袋に包まれた靴本体、純正の布製靴袋、包装紙、簡単な1枚紙の冊子、なぜかユニオンワークスの宣伝チラシが入っている。

Alden172

Alden173

Alden174



出来上がったばかりのAF36
ブラックコードバン製のNSTブラッチャー(外羽根式紐靴)である。

Alden175

Alden176

Alden177

Alden178




インナーは、いつもと変わりなくAldenの紋章と「Alden NEW ENGLAND」の金文字のみ。
ラスト(足型)は、つま先は特徴的にスクエアな形になっている、いわゆるPlaza Last
このラストは、日本の正規代理店ラコタハウスでは販売しておらず、欲しければ個人輸入に頼らざるを得ない。

Alden179

Alden1710




さらにこのAF36の特徴は、靴底と踵がコマンドソールになっていること。
これによって少しぐらいの濡れた路面なら、気にせず歩けるようになった。

ブラックコードバンの靴の場合、靴底もブラックフェイスなのでコマンドソールのゴツゴツ感と相まって、無骨なイメージを醸し出している。
グッドイヤーウェルトは270度で、踵はやや張り出したタイプだ。

Alden1712

Alden1711

Alden1713





いつもながら、まだ誰も足を入れていない綺麗なインナー。
靴紐もまだ通していない、完全に真っ新な状態である。

Alden1714




サイズは7D。
僕の足に、Plaza Lastの紐靴なら7Dがジャストフィットだ。
品番は4335CYで、2018年の11月に出来上がった一連のロットのモノだということが分かる。

Alden1715

 

 

こうやって改めて写真を見ると、あまりにも格好良くてそして綺麗なので、足を入れて履いてしまうのが勿体ないような気もしてくる。
またもや『勿体ない病』が出てきてしまった(苦笑)。

さあて、いつになったら履き下ろそうか?

非常に特徴的なPlaza Lastのつま先をクローズアップしてみる。
このがっちり縫い込んである縫い目で、一目でNSTだと分かる。
ブラックコードバン、素晴らしく綺麗な表面なので見てて飽きない。

Alden1716

Alden1717

2018年11月11日 (日)

シガーコードバンのAlden製ストレートチップ#24802

Aldenフリークの間では、ウイスキーだのラベロだのシガーだのといった言葉が飛び交い、レアカラーが珍重されている。
レアカラーとはコードバン靴の表皮の色のことで、ブラック(黒色)とバーガンディ色(カラー8と称される)が定番の色で一般的に出回っているのだが、ウイスキーやラベロやシガーなどのレアカラーは染色が難しいらしいので、そうなると必然的に稀少化する。
世界各地に散らばる何千人、何万人ものAldenフリークに対し、たったの20足程度しか生産しないらしいのだ。

この入手が容易でないレアカラーコードバンを珍重する風潮は全世界共通なものらしく、そうなると争奪戦は火を見るよりも明らかに激化する。

しかし幸いなことに、私はこのレアカラーにはシガーと呼ばれるチョコレートのような色味以外全く興味がなく、それゆえレアカラーコードバン争奪戦とやらには無縁である。
これだけ米国ショップから買っていても、どのショップの優先顧客リストにも入れてもらうリクエストをしたことがない。


さて、レアカラーを特に珍重する私ではないが、たまたま偶然に近い状況で去年シガー色のストレートチップを入手したので、遅まきながら紹介する。
レアカラーも、シガーぐらいなら1足ぐらいは持っていても良いかなという気持ちでいたので、ちょうど良いタイミングで見つけたわけだ。


いつものように、梱包の箱の中にはAlden純正の緑色の箱が。

Alden151

Alden152
Alden153



箱の中には、これもいつものように靴本体とそれを包むビニール袋、純正のシューズバッグ、包装紙、小冊子が同封されている。

Alden154



ビニール袋から取り出すと、シガー色コードバン製の外羽根式ストレートチップが。

このシガー色、ブラウン系といっても独特な風合いがあり、艶やかなチョコレートのような感じである。
この綺麗な表面を見ていると、なるほどシガーコードバンが珍重されるのも無理はないと思う。
これぐらいの色なら、服装のコーディネートにもそれほど悩むことはないだろう。

Alden155

Alden156



ラストはスリムなAberdeen Lastで、キャップトウと称される先端と一文字に切り返しのついたストレートチップである。
インソックにはAldenの刻印がクッキリ。

Alden157
Alden158



靴底にも、いつものようにAldenとコードバン製を示すHorween社の刻印が入っている。

Alden159




踵及びコバはアンティークエッジ仕様。
ダブルソールなのでかなり厚みが感じられ、そして270度のウエルト仕様になっている。
インソールも綺麗。

Alden1510

Alden1511

Alden1512



紐を通してみる。
ストレートチップは、無駄なデザインをそぎ落としつつキリリと要所を締めた雰囲気がカッコイイ。
スリムなAberdeen Lastならでは、シャープで品の良いストレートチップになっている。

Alden1513
Alden1514
Alden1515
Alden1516



この靴を販売したのはAldenWashingtonDCで、品番は#24802。
Aberdeen Lastなので、いつも通り7Dをチョイス。

Alden1517



室内で試着してみる。
シガーの色は、パンツのグレーの色に良くマッチしていると思う。
ビジネスユースとして重宝しそう。

まあ…もう少しの間、デッドストック化させるつもりではいるが。
レアカラーで入手がごく難しいゆえ、すぐに履き下ろしてしまうのもちょっともったいない(爆)。
またもや『もったいない病』が出てしまった(苦笑)。

Alden1518

2018年11月 5日 (月)

Alden of Carmelから輸入したAF26は最高!

文化の日は、人手が多いにもかかわらず外出。
気候が良くて絶好の行楽日和だったので、行った先も案の定、大変な賑わい。

長く歩くことを想定したので、この日はAlden of Carmelから輸入したAF26を早速履き下ろした。
コマンドソールのようなクッション性のある頑強な靴底というのは、ホント重宝する。
AF26、最高に履き心地、歩き心地が良いね。
Alden大好きな人でまだ持ってない人は、ぜひ早急に一足買うべきだと思うよ本当に。

20181103a



私は皺入れなる儀式とやらを、一度もやったことがない。
でも大丈夫。
下写真のとおり、問題なくまともな皺が入ってくれる。
こういうことは、自然に任せておけば良いのだと思うよ。

20181103b



さて、左手の相棒は久々に(というか半年ぶりに)PaneraiPAM00270
今年の秋冬シーズンは、この時計と金無垢時計を交互に使うことにした。
久しぶりだが、やっぱこの時計も最高だね!

20181103c

2018年10月30日 (火)

Alden of Carmelから輸入

久しぶりの記事となってしまい申し訳ない。
さて今回は、去年の12月に注文し今年の6月に届いた代物を紹介する。

Alden熱が盛んになるにつれて私もAlden of Carmelの存在を知ることになり、去年の春ごろからしきりにメールで在庫を聞いたりしていた。
そして欲しいアイテムの在庫がないため予約を入れ、予約金を支払って、辛抱強く半年以上待ったのである。


Alden of Carmelから届いたブツがこれ↓。
AldenNYなどと同じく、簡単な包装だ。
こんな簡単な梱包で、2週間かけて米国内とアラスカ経由で日本まで旅をしてくるのだ。

Alden141

Alden142



中にはいつもの緑色の箱が鎮座。
そしてその中には、ビニール袋に入った靴本体、純正のシューズバッグ、純正の包装紙、Alden of Carmelの挨拶状、そしてなぜかユニオンワークスのカードまで入っている。
ユニオンワークスはAlden of Carmelとお友達なのだろうか?

Alden143
Alden144



ビニール袋にくるまれている本体を、外に取り出す。
本体は小さな傷や擦れ一つない、見事な状態のカラー8コードバン製NST(Norwegian Split Toe)である。
品番はAF26

Alden145
Alden146
Alden147
Alden148
Alden149
Alden1410



これがつま先のNST(Norwegian Split Toe)。
そしてラストはPlaza Last
ややスクウェアなつま先である。

AldenのNSTというと#2210と#2211のAberdeen Lastのものが有名だが(小冊子の表紙を飾っている代表的なアイテムであることは何度も書いてきた)、Alden of CarmelのモノはPlaza Lastなので雰囲気が少々異なる。

Alden1411



#2210&#2211との大きな違いふたつめは、靴底である。
AF26は、コマンドソールになっている。
そのため、水たまりとかトイレも安心、平気なのだ。
Aldenの刻印はあるが、コードバン供給元のHorween社の刻印はない。

Alden1412

Alden1413



さらに、エッジ(コバ)はアンティーク仕様である。
そして、270度ストームウエルトとなっている。
かなり凝った作りである。

Alden1414



Plaza Lastの紐靴なので、私の足には7Dでジャストフィット。
製造は今年2018年の5月である。
私の家に6月に届いたのだから、Alden of Carmelに運ばれて折り返しすぐに送ってくれたものと思われる。

Alden1415



まだ誰も足を通していないと思われる真新しいインソールは、とても清々しく感じる。

Alden1416



履いた感じはこんな感じ↓。
このAF26は相当にカッコイイので、この11月から下ろすつもりでいる。
寒くなってきたこれからの秋シーズン、これを履いて神宮外苑を散歩し銀杏の紅葉を楽しもうと思う。

Alden1417
Alden1418

2018年10月 7日 (日)

AldenNYの特注品が登場!!

個人輸入の勢いは、まだまだ衰えていない。
9月に入ってからやや円安なので輸入は控えているが、今年も1月以降8月までかなり輸入した。
本日は、AldenNYでしか売っていない特注品にしてAldenNYの定番品を新たに紹介しよう。

AldenNYのショップサイトhttps://aldenmadison.com/に行き、「Shell Cordovan」のコーナーを開くと、最初のページに出てくる。
「NST Monk Strap Color8 Shell #D6423」である。

・モンクストラップなので、スリッポンと同じように脱ぎ履きがしやすい
・NSTというAldenの代表的仕様
・エッジ(コバ)と踵がアンティーク仕様
・カラー8のコードバン仕様


といった特筆すべき多くの特徴を有するアイテムだ。
日本の正規総代理店では取り扱っておらず、多くの輸入店やセレクトショップでも扱いは皆無。
残念ながら、日本では個人輸入する以外には入手不可能である。



例によって、ニューヨークから長旅してきた梱包。
中には、いつもの定番の緑の箱が鎮座。

Alden131

Alden132



今回のアイテムは予約注文だったので、事前に200ドルを支払ったことや私の名前やメアドなどが書かれた紙が貼ってあった。

中身はいつもと同じく、本体、純正のシューバッグ1組、簡単な小冊子、包装紙などが入っている。
本体はビニール袋に丁寧に包まれていた。

Alden133
Alden134
Alden135



これが今回の予約注文品。
カラー8コードバン製のNST Monk Strap #D6423である。
モンクストラップのバックルは銀色。
そしてラストはPlaza Last
つま先はNSTで、手縫いの掬い縫いだ。

Alden136
Alden137
Alden138
Alden139
Alden1310
Alden1311



これが銀色に鈍く光るバックル。
モンクストラップの見せ場その1、というところ。

Alden1312



そしてこれが第2の見せ場、Plaza Lastのややスクエアなトウ。
さらに、手縫いで掬い縫いのNST仕様。

Alden1313



靴底は普通の定番品仕様。
Aldenとコードバン供給メーカーのHorween社の刻印がしっかり押されている。

Alden1314
Alden1315



普通の仕様と変わっているのは、コバ(エッジ)と踵がアンティーク仕様であること。
アンティーク仕様は美しい仕様だ。

Alden1316




2017年11月に製造され、2018年2月に日本に届いた。
サイズはPlaza Lastなので7D。
出来立てホヤホヤ、そしてまだ誰も使っていない(足を入れていない)内側は本当に綺麗だ。

Alden1317
Alden1318



もう一度、特徴的なPlaza Lastのつま先を見てみよう。
スクエアな感じが洗練されている。
日本にはないラストなので、これを履くには個人輸入しかない。

そしてNSTの特徴である、ゴツゴツして盛り上がった縫い目。

Alden1319




履くとこんな感じ。
紐靴ではなくスリッポンだが、ストラップの締め付けが絶妙で、当たったりせず痛くもなく、さりとて緩くもなく。
私にはAberdeen Lastと同じく、7Dでジャストフィットする。

Alden1320

2018年10月 5日 (金)

最近の磨き具合

10月に入り、ようやく秋めいて来た。
とはいえ今週末は台風の影響で、パッとしない天気になりそうではあるが。
秋とともに、コードバン靴は春夏以上に出動する機会が増えそうだ。
そのため、最近は暇な時を見計らっては靴磨きに精を出している。

下写真が先週磨いてみた成果。
2つともAldenのカラー8コードバン製で、最初がHigh Vamp Loafer#67169、次がTassel Loafer#563。

照明を明るくして接写すると自分の顔が映ってしまうので、その辺はほどほどに撮った。
それでも着ている白いTシャツとかかざしたスマホが映ってしまうのは、ご愛敬ということで。
まあ…これぐらいまで磨ければ、特にプロに頼まなくとも自分でやれば良かろうと思っている。

20181005a

20181005b
20181005c
20181005d


20181005e
20181005f
20181005g

2018年9月17日 (月)

私がやっている靴磨き法・後編

4)靴クリーム塗布

いままでいろいろ試してきた靴クリーム。
最近はBriftH、M.モウブレイクリームナチュラーレ、サフィールコードバン用あたりに落ち着いている。

今回はBriftHのものを使った。
そして私は塗布するのに、いつも指で塗っている。
この方法が、一番革に優しく馴染んでくれるように思う。
指の汚れは心配がなく、ぬるめのお湯で洗えば支障はない。

指先に、写真にあるような少量をすくい取って使用。
前面、左右の3つに分けて塗るが、ややたっぷり目に塗っている。

20180916i




5)馬毛ブラシでブラッシング

コードバンの場合は馬毛ブラシを、普通のカーフの場合は豚毛ブラシを使って、よくブラッシング。
江戸屋のブラシを使っている。

少々力を入れて、長めの距離を勢い良くブラッシングするが、同じ個所を執拗に擦るという感じにはしない。
このブラッシングをキッチリやっておけば、次の工程のクリームを布でふき取るのが楽になる。

20180916j





6)余分な靴クリームをふき取り

ふき取り用の布はBriftHで買ったものを使っているが、ここも汚れ取りの時と同じく、Tシャツの端切れでも着古した下着でも全く問題はない。
わざわざ高い価格の布を買う必要はない。

写真に示すように、3回ほどふき取っていると、だんだん布に移って来るクリームは少なくなっていく。
写真下の状態ぐらいになれば、ふき取りはOK。
むしろ、あまり神経質にゴシゴシ擦らない方が良いように思う。

但しワックスなしで光らせたい場合は、布を使って優しくもう少し磨く。
ワックスなしでもかなり光らせることが出来る。
これは靴クリームにもより、サフィールのクレム1925あたりを使えばかなり光るのでおススメ。

20180916k

20180916l



7)アビースティックで表面を鞣す(なめす)

水牛の角であるアビースティックを使って、コードバン革の表面に圧力を加え、表面をなめす。
この作業は毎回やる必要はなく、雨に濡れてしまって表面にシミが出来た時や表面がザラザラしてきた時に行う。

もちろんカーフ革には不要なので、カーフの場合は6)から8)に直行。

20180916m




8)ワックス掛け・その1

いよいよワックス掛けである。
必要な道具は、ワックス、ワックス用布、ハンドラップそして山羊毛のブラシ。

まず一番最初に、クリームで磨き終えた表面にワックスを均一に塗っていく。
私の場合はこの最初のワックス塗付を2回行っている。
使っているワックスと布はBriftHのもの。

いくつか試したが、BriftHのワックスと布が私には一番相性があうようだ。
Alden純正のワックスは、BriftHの長谷川裕也さんによると、クリームとワックスの中間のようで、やや光り具合が悪いらしい。

20180916n




9)ワックス掛け・その2

ワックスを均一に塗布したら、いよいよワックス磨きである。
布にハンドラップから水をごく少量取り、ワックスも少量すくい取って再度塗っていく。
塗りながら磨くという感じ。
そして磨くのはクルクル円を描くように。

これを4~5回繰り返す。



10)山羊毛ブラシと水でブラッシング

ここまででかなり光ってくるので、この先の工程として山羊毛ブラシを使う必要性は、各人の光りに対する要求度合によるかもしれない。
山羊毛ブラシにハンドラップから水をごく少量取り、そのまま山羊毛ブラシで磨く。
山羊毛ブラシがまだ新品に近いうちは、山羊毛のこすれが表面に残り、表面が曇ったりするので注意。
曇ったらまた9)と10)を繰り返す。

そして最後にもう1~2回、ハンドラップの水と布だけで水砥ぎをやるとさらに光ってくるだろう。
メインの工程はここで終了。

20180916o

20180916p



11)靴底に専用クリームを補給

この工程は1年に1~2回で良いと思う。

靴底専用のクリーム、例えば私が使っているのはヴィオラのソールエッセンを、それ専用の布で靴底に塗付する。
そのあと靴底専用の豚毛ブラシで数回磨いてやる。

靴底専用ブラシは高い必要は全くない。
私などは、30年近く前に数百円で買った捨てようかと思っていたものを捨てないで、これ専用に使っている。

20180916t



工程は以上。

なるほど、時計はただ単に買って集めるだけが楽しみで、自分が介在出来る余地はベルトの色を選ぶぐらいしかない。
だから逆に、多くの人は目移りしてしまって次から次へと買いあさってしまうのである。
つまり、時計を自分好みに『育てる』という発想と行動がどうしても出て来にくいのだ。

しかし靴は違う。
買ってからこそが、自分の意思が介在出来る余地が大きいのである。
靴を磨いて綺麗な状態に保つ。
好きな色、好みの光り具合に靴をアレンジしていく。
さらには革そのものを大事に育てる。

私はこの『育てる』という行為にこそ、自分の意思とモノとの交流を感じるのである。


ということで、下に今回磨いたAldenのカラー8コードバン製NSTをお見せする。
まあこの程度に磨き光らせることが出来れば、これからは特に専門業者に頼まずとも十分であろう。

20180916q

20180916r
20180916s

2018年9月16日 (日)

私がやっている靴磨き法・前編

時計の趣味は購入し、収集するのが個人としての精一杯の楽しみ方である。
中を分解して清掃や修理を行ったり、改造しようとする愛好家は少ないであろう。
一方靴に関しては購入し収集するだけの愛好家もいるが、多くの愛好家は自分で靴磨きを行うのが普通である。

この、自分で何かをやって(対象物にアクセスして)自分なりに自分の好みを反映させることが出来るところが、時計とは大いに異なる点である。



さて、靴磨きのテクニックはもはや多くの書物や雑誌に書かれているので、靴好きで知らない人はほとんどいないと思う。
そのため屋上屋を重ねる無粋は十分承知しつつ、私が実践している方法を以下にまとめてみた。
下写真が、私が靴を磨く際に使っている道具たちである。

20180916a




1)コバ(エッジ)の補修

コバ(エッジ)は歩いているうちに汚れたり、削れたり、色が取れたりしてしまう。
ここがささくれ立っていたり汚れているのは、意外に見苦しく感じるものだ。

補修は簡単で、400番の紙やすり(サンドペーパー)でコバの全周を磨いてやれば良い。
その際、紙やすりを革の部分に当てないよう、注意すること。

サンディングしたら、そのあとブートブラックのコバインクを塗っておく。
塗る際にも、インクがたれて革を汚したり、インクを革の部分に塗ってしまわないように注意する。
たれないようにするには、瓶の口のところで押さえつけてインクを絞ってやれば良い。
コバをグルリと全周塗ったら、数分乾燥させる。

20180916b

20180916c




2)汚れ落とし

紐靴は、事前に紐を外しておくと作業がしやすい。
馬毛の長めの毛のブラシで汚れを落とす。
山田刷毛ブラシ製作所の馬毛ブラシは、毛が長くて柔らかくタッチが優し気なのでお気に入り。

20180916d
20180916e




3)ワックス落とし

BriftHで購入した布にブートブラックのハイシャインクリーナをたっぷり取って、それでワックスを落とす。
ワックスを塗っている場合は、この作業が余分にかかる。

布は別にBriftHで買わなくとも、Tシャツや下着を使ってもOK。

ブートブラックのハイシャインクリーナーは、写真のようにガンガン落としてくれるので、とても重宝する。
そのあとM.モウブレイのステインクレンジングウォーターを同じM.モウブレイから出ている専用の布に取って、革表面をクリーニング。
一応2回ほどクリーニングするが、ゴシゴシやるのは禁物。
水で流すような感覚で。
作業は、革表面がつや消しになった状態になればその時点でやめてOK。

長くなってしまったので、以下後編へ。

20180916f

20180916g
20180916h

2018年9月 2日 (日)

BriftHの靴クリームとワックスでAldenのコードバン磨き

今日は、銀座にある婦人靴&バッグの老舗専門店「ダイアナ」が制定した「靴の日」らしい。

ちょうど昨日靴を磨いていたので、磨き終えた我がAldenをお見せしよう。
AldenNYでしか売っていない限定(とはいえNY店の定番)の、カラー8コードバン製High Vamp Loafer#67169である。


私は別に靴磨きを仕事にしたいわけではなく、自分の靴を磨くのに精一杯なので、これぐらい光れば文句なし。
磨きの工程の詳細はそのうちまた改めて書くが、靴クリームとワックスはBriftHのものを使った。

写真の1枚目は、磨いている途中。
まだこれぐらいでは満足せずに、さらに20分ほどひたすら磨いた。
2枚目と3枚目が磨き終えた写真。
昨日は1日天気が悪かったので、写真写りはまあまあ。

20180902a

20180902b
20180902c

2018年8月26日 (日)

Alden製モンクストラップはいかが?

手植え靴ブラシの話はまだもう少しあるのだが、ここ数回同じような話が続いたのでここらでちょっとブレークを入れ、今年の2月に個人輸入したAldenの靴を紹介しよう。

日本では家の中では靴を脱ぐ長い習慣があるので、ビジネスシーンで紐靴を履くのは案外面倒であるということを、私は再三書いている。
ブローグシューズやプレーントウなどの紐靴の方が、靴紐によって足にしっかり固定されて安定するので確かに履きやすい。
しかしながら、如何せん脱ぎ履きがネックになるのだ。
そのため私は、ビジネスシーンにおいても極力タッセルローファーを活用している。
今回紹介する靴も、脱ぎ履きしやすくそしてビジネスシーンで使える靴だ。
タッセルローファーだけでなく、そんな万能とも思えるような靴が存在するのか???








それは、モンクストラップシューズである。

Aldenにもモンクストラップシューズは製品化されていて、日本の総代理店であるラコタハウスもプレーントウタイプのモンクストラップシューズを取り扱っている。
しかし私が欲しいのは、プレーントウタイプではない。

他にはAldenNYがウィングチップタイプを扱っており、以前はThe Shoe Martでもキャップトウのセミブローグタイプを扱っていた。
こういうタイプが欲しい場合、個人輸入で入手するしかない。
ということで、またもや個人輸入でいってみた。


AldenNYから届いた宅配便。
いつものように約半月掛けて2月に届いたのだが、シーズン的に雪が心配な時期だったので、少しヤキモキしたことを覚えている。
結果として特に遅れはなかった。

Alden121




宅配便の中を開けると、いつものようにAlden純正のダークグリーン色の箱が鎮座している。

Alden122



緑の箱の中には、これもいつものように靴本体、純正の靴袋、小冊子、包装紙、ビニール袋が詰め込まれている。
ビニール袋の中には、今回個人輸入した本体が入っている。

Alden123
Alden124




これがAldenNYだけで販売している(AldenNY限定だが、定番品)カラー8コードバン製ウィングチップモンクストラップタイプ#1671。
ラストはAberdeen Last
日本でも大変お馴染みのBarrie LastやModified Lastなどと違って、Aldenらしからぬ細めでシャープにまとまった都会的なフォルムである。

AldenNYでは定番にもかかわらず、Instagramやブログを見る限り国内で履いている人は数人程度と思われ、日本では非常にレアなアイテムといえるかも。
この靴は日本国内では全く販売されていないため、欲しければ個人で輸入するしかない。

Alden125

Alden126
Alden127
Alden128
Alden129




モンクストラップシューズに特有のバックルは、金色の真鍮製。
ほど良いサイズと適度に緩やかなカーブでデザインされていて、とても好感が持てる。

Alden1210




モンクストラップシューズとしては珍しいウィングチップ仕様。
このブローグの装飾デザインも、基本をガッチリ踏襲していて素晴らしい。

Alden1211




まだ誰も履いていない、おニューの靴は清々しくてイイものだ。

Alden1212



Aberdeen Lastでのマイサイズはジャスト7D。
8Aとあるので、2018年の1月に製造したばかり。
AldenNYでは、それを速攻で2月に送ってくれたわけだ。

Alden1213



靴底は、これもいつものようにコードバン革供給元のHorween社とAldenの社印が刻印された革底。

Alden1214
Alden1215




踵とコバ(エッジ)は、定番品なのでアンティークエッジ仕様ではなくブラックの通常仕様。

Alden1216



部屋の中で試着してみる。
今回はしっかり靴下を変えた(爆)。

靴ベラは必要だが、脱ぎ履きに紐靴ほど支障があるわけではない。
ビジネスシーンで、昼食時に同僚たちと靴を脱がなければならない日本料理屋に入ったり、夜に接待などで料亭に行ったりしても、上がりかまちでジタバタする悪夢から解放されるであろう。
タッセルローファー同様おススメである。

Alden1217

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ