最近のトラックバック

フォト

Cartier

2017年9月 8日 (金)

タンク100周年

今年は、Cartierのタンクが世の中に登場して100周年だ。

そのことを知っていた私は、今年の6月頃にCartier銀座本店のスタッフに、

「今年はタンク100周年だから、それを記念してタンクの新作が何か出ますよね?」
「もう6月で半年経ったけど、今年に出なければ絶好のチャンスを逃すと思うが!?」

と訊いたことがある。
その時のスタッフはノーコメント…、というか言葉を濁していたなぁ…(苦笑)。


で、やはりというか何というか、新作が9月初頭に出たね。
新作は3種類。
(以下の写真は、全てCartier及びカミネのサイトから借用しました。)

1.タンクルイカルティエ

Cartier_tanklouis

2.タンクサントレ

Cartier_tankcintree_2

3.タンクアメリカンSS

Cartier_tankamericanss

********** **********

タンクアメリカンからは、ステンレスバージョンが追加で出ている。
LMの大きさで約67万円なので、入門用には良いかもしれないね。

とはいえ、デイト表示がなくされたため、文字盤がアッサリし過ぎて物足らない感がなきにしもあらず。
時分秒を知るためだけに60数万円を払うのは高いと感じるか、それともCartierのタンクアメリカンがステンレス版とはいえ手に入りやすくなったと歓迎すべきなのか。
悩ましくはあるね。

Cartier_tankamericanss2

2017年7月 8日 (土)

我が左腕の相棒・初夏編その1

ちょっと間が開いてしまって恐縮だが、ここ2ヶ月ほどは特段変化のない我が時計趣味であり服飾趣味であり靴趣味である。

時計に関して言えば、次に欲しい時計の候補は今のところ2つで、Rolexのデイトナ金無垢またはコンビを候補に復活させた。
やはり欲しいモノは欲しい(爆)。
とはいえ、絶対的に金欠であるし、お気楽にホイホイと買える代物ではないので、出来ればここ数年のうちにというスタンスだ。
もはや8個も一軍時計があるとそれだけでも普段使わないモノが出てくる状態なので、これ以上増やすのもどうかとも思う。
だから今は、すぐにでも是が非でも欲しいという強烈に熱望するアイテムは特にない。



ということで、ここ1~2ヵ月の初夏における我が左手の相棒をいくつかアップしてみる。
トップバッターは、久しぶり登板のCartierタンクアメリカンLMイエローゴールド

5月以降、ほとんどRolexのディープシー・Dブルーを使いまくっているのだが、この日はちょうど着ていたPaul Smithのカジュアルシャツとメッシュベルトの色に合わせて、タンクアメリカンの革ベルトと金無垢の色をチョイスした。

夏向けのライトなアイテムに対しても、コーディネート如何によっては金無垢も茶色の革ベルトも良くマッチすることを再発見した次第。

Cartier_tankamerican41



こちらは日本橋三越本店の1階中央ホールにて。
有名な天女の像を臨みながら。
こういうショットを撮るのは、チト恥ずかしさを感じますなぁ…(苦笑)。

Cartier_tankamerican42



せっかくなので、Cartierブティック前でも撮ってみた。
ホント!、私はこの時計が根っから好きなのだ。

Cartier_tankamerican43
Cartier_tankamerican44

2017年5月 7日 (日)

これも久しぶりの、タンクアメリカンLM

今年のゴールデンウィークは、所用で京都に日帰り往復した。
某有名料亭のディナーに招待されたもので、懐石料理はひたすらに美味しかった♪

トピックスはそれぐらいで遠方にはどこにも行かず、あとはひたすら安近短(安い、近い、短い)を実践。
近場の日本橋、丸の内方面を散策するに留まった。
誰もがそうであろうが、ご多分に洩れず私も大勢の人ゴミとか混雑、長蛇の列などが大嫌いなのだ。

で、左腕の相棒は久しぶりにCartierのタンクアメリカンLMをチョイス。
なぜなら、自分のワードローブの中で春夏用としては最も気に入っているジャケットの色に合わせたかったからだ。

Cartier_tankamerican38
Cartier_tankamerican40


少し気取って、ジャケットの中にインナーヴェストを着用。

このヴェスト、80年代の大有名トラッドブランド「エーボンハウス(Avon House)」のもの。
タッターソール柄…と言っても、今の若い人達にはピンとこないだろう。
こういう柄は、もはや90年代以降にはほぼ絶滅してしまったのだから。
今の時代に着ていると、コスプレと思われかねない(苦笑)。
オール麻の、軽快なラペル付きヴェストである。

上に羽織っているのは、春夏のワードローブの中で一番のお気に入りである、麻100%のベージュジャケット。
ベージュの地に茶色と紺色のラインが入っていて、ウインドウペインになっている。
購入は1990年代中頃。
ということは、すでに20年以上の年月が経っている。

先日、デパートの服飾コーディネーターに聞いたのだが、今やこの手のウインドウペインのような凝った作りのジャケットは激減しているそうだ。
なぜなら、コストの面で採算が取れず、そのため作らなくなってしまったらしい。
なぜ、現在のジャケットが単色系が多いのかと言う答えがこれで、つまりは単色系は安上がりかつ技術もそれほど要らないため、市場に出回るものがほとんど単色系になってしまったそう。

このコーディネーターは私のジャケットをいろいろ眺め回し、今やこの手の凝った作りのジャケットはほとんど作らないし作れない…と嘆息していた。

ラペルには、パープルの飾り花をつけ、ポケットチーフは薄いイエロー。
そして、仕上げにCartierタンクアメリカンLMである。


Cartier_tankamerican39

2016年12月 1日 (木)

カルティエからの思わぬプレゼント

先日、突然に宅配便が届いた。
それも結構大きなサイズである。


20161201a



宅配便の伝票を見たところ、意外や意外。
なんと!Cartierからのもの。
中を開けると、ボルドーカラーのCartierの紙袋と丁寧に包装された本が一冊。


20161201b



包装の中身はCartierの本格的なカタログブックで、先日銀座2丁目店の新装オープンに出向いた時の礼状が添えてあった。


20161201c



このカタログブック、しっかりした本格的な装丁がなされていて、とても贅沢で立派なものである。
全156ページ、ちょっとした蔵書という雰囲気だ。
さすがにCartier、カタログまでゴージャスだね♪

とにかく、Cartierから思いもよらぬプレゼントをいただいた。


20161201d_2
20161201e



中身は以下のようになっていて、ごく一部だけだが紹介しよう。
本格的なコンプリケーションウォッチから贅を尽くした最高級の宝飾時計まで。
眺めていると、ついついCartierの世界観の中に惹き込まれてしまう。

休日の午後などに、アフターヌーンティなどをしながらパラパラとページをめくってCartierに浸るのも、またオツなものである。


20161201f
20161201g
20161201h
20161201i
20161201j
20161201k
20161201l

2016年9月28日 (水)

カルティエ銀座ブティックがリニューアルオープン

本日はCartierの銀座ブティックがリニューアルオープンした日なので、さっそく午後に行ってみた。

銀座2丁目の中央通り沿いに、新規に完成した高層ビルの地下1階から3階までがCartierの店舗で、前記事にも少しふれたように素晴らしくハイセンスかつ高品位な内外装、品揃えの多さ、店の広さなど、その規模と豪華さには目を見張るばかりである。


これが正面入り口。
パリの粋が感じられるデザインセンスは流石。
ヨーロッパ系の招待客も多い。

20160928a




こちらは店舗の側面。
柱のデザインなども凝っている。

20160928b



柱のレリーフは、御用達のお墨付きをいただいている各国王室の紋章らしい。
10数カ国の王室御用達らしいが、さすがに「王の宝石商」だけのことはある。

20160928c



ふたたび、正面入り口。
下写真には写っていないが、フランス人のドアボーイが2人ついていて、ドアを開けてくれる。
誇らしげにある紋章は、Cartierならでは。

20160928d



今後は、この新店舗が文字通り日本のカルティエ店舗の旗艦となるそうだ。
今まで本店だった並木通りの店舗は、 並木通りブティックという位置づけになるらしい。


中に入ったら、いきなりシャンパンとお菓子のマカロンを振る舞われた。
昼間っからシャンパングラス片手に、眩いばかりの宝石や時計を愛でることになった。

20160928e




平日のオープニングにしてはお客は多く、早速商談しているとおぼしき客も多数いた。
日本人客が過半数だが、ヨーロッパ系や中国人客も少なからず。
お客が出来るだけ写らないように、写真を撮るのが一苦労であった。

20160928f
20160928g



下写真は、豪華絢爛な内装の一部。
これでもかというぐらいに粋であり、ソフィスティケートされた空間だ。
パンテールの絵は、エレベータの個室に描かれたもの。

20160928h

20160928i
20160928j



一通り見学した後、2階にある機械式時計のブースへ。
驚いた事に、最近ディスコンとなったはずのタンクアメリカンLMイエローゴールドが鎮座していた。
さすが、旗艦だ。
こうやって見ると、やはりタンクは絶品ですなぁ~。
『タンクの前にタンクなく、タンクの後にタンクなし』ということか。

20160928k



本日はCartierに敬意を表して、タンクアメリカンLMイエローゴールドをつけていった。
金無垢のドライブドゥカルティエやタンクMCとともに。

20160928l



帰り際、本日の記念品をいただいて帰宅の途に。
記念品は本のしおりで、金属プレートにエッチングで店舗正面をデザインしたもの。
しおりを入れた袋には、銀座で最も有名なランドマークである服部時計店の和光と銀座三越のイラストが。
こういう小粋な”くすぐり”がいかにもCartierらしい。

20160928m
20160928n
20160928o

2016年4月28日 (木)

ある日のCartierタンクアメリカン

CartierのタンクアメリカンLM、たまには出動させよう。
一軍時計だけで8本もあると、しょっちゅう使うモノと使わないで寝てしまうモノが出てくるのは致し方ないところ。
そんな状態なのに、もう1本本気で買う予定で先日中野を歩いていたのはまた別の話。

ところでこのタンクアメリカン、ディスコンになりそうな雰囲気が漂っている。
Cartierのサイトを見ると、イエローゴールドとプラチナはすでにディスコンになったようだ。

Cartier_tankamerican36
Cartier_tankamerican37

2016年1月29日 (金)

久しぶりのCartierタンクアメリカン

去年のほぼ1年間を費やしたプロジェクトが先日仮終了し、その打ち上げが昨夜あった。
赤坂でシースー(赤坂の寿司屋で飲み会)。

当日の相棒は、久々にCartierのタンクアメリカンLMイエローゴールド。
タンクアメリカンはビジネスの場にも良く似合う。
Paneraiの金無垢だと、もう少しカジュアルな夜の雰囲気になってしまう。

帰りに、イルミネーションがキラキラ綺麗だったTBS「サカス」でリストショットをパチリ。

20160128a
20160128b

2015年12月15日 (火)

某日のCartierタンクアメリカン

ここのところ時計の話ばかり、いやPaneraiの話ばかりで恐縮だ。

CartierのタンクアメリカンLM・イエローゴールドはあいかわらず健在である。
先日も打ち合わせの際につけていた。
いやーやはり気品が違うね、と自画自賛(爆)。

20151128a_2



名画「太陽がいっぱい」「冒険者達」「サムライ」「さらば友よ」のアラン・ドロンもタンク愛好者である。
「サムライ」のジャン・ピエール・メルビル監督とタンク自慢してお茶目な面を見せる。
2人とも右腕の内側に時計をつけるスタイル。
若い頃このスタイルを真似したこともあったが、これやると風防をよくぶつけるし右利きの私には不便なのですぐに左に戻したっけ…(苦笑)。

Alaindelon5

2015年10月 5日 (月)

久しぶりのCartierPasha38mm

オーバーホールから戻って、早や数カ月経ったCartierのPasha38mmSS。
ここのところPaneraiばかりつけて来たのでトンとご無沙汰だったが、久しぶりにチョイス。

38mmなのに心もち小さく感じる。
Paneraiのせいであろう(苦笑)。

2015105

2015年7月19日 (日)

帰って来たCartierPasha38mmSS(後編)

Cartierの銀座本店に修理を依頼した直接のきっかけは、竜頭カバーの取りつけ金具が下写真に示すように経年劣化で割れて取れてしまったことである。

当初は瞬間接着剤などを使って素人手当てで済まそうとしたのだが、取りつけ金具の破砕した断面が微細なためどうやってもうまくくっつかず、外出した時にでもこのサファイアカボション付きのカバーを紛失する恐れが多分にあると判断。
しかたなく修理に出すことになった。
ついでにコンプリートオーバーホールも依頼し、この際なので中身も新品にすることにした。

Cartierpasha38mm17


このPasha38mmSS、もう絶版になって久しいため(10年以上前に生産中止となった模様)ミドルケースや針といった部品在庫は日本にはないらしい。
パリからの輸入を待つことになると言われたため、当初予定では4~5ヶ月かかるはずであった。
幸いなことに3ヶ月強で修理が完了したので、納期圧縮には感謝、感謝である。
なにより、夏場での使用に間に合ったのが嬉しい。


下に示すのが、今回のコンプリートオーバーホールの成果である。
・時計本体
・修理証明書
・領収書
・オーバーホール解説冊子
・返却用時計ケース

Cartierpasha38mm19


修理証明書には、コンプリートオーバーホールサービスで行われた通常修理の内訳、竜頭カバー、3針、ミドルケースの交換などの内容が書かれている。
これらすべての合計が約7万円。
ミドルケースまで交換しているのに、この金額でイイなんて…、とても信じられない気分である。
係の方に「7万円弱になります」と、費用を言われた時は、一瞬我が耳を疑ったぐらいだ(苦笑)。


なぜならば、同じリシュモングループのPaneraiだと、最近ごくたまに発生するらしい(海外事例で有り、日本でもmixiのパネライスレに1件書いてあった)ベルト交換時のラグに埋め込んであるプッシュボタンのパッキンの割れによって、ミドルケースを全取り換えする必要があるらしく、そうなると30~40万円もの出費を強要されるとのこと。
このトラブルの真偽は分かりかねるが、Paneraiのベルト交換用プッシュボタンには要注意か!?

またRolexにしてもミドルケースを交換するとなると、それだけで20万円以上は吹っ飛ぶだろう。

Panerai(真偽は不明だが)やRolexの対応に比べ、Cartierの対応はまさに神クラスである。
さすがにCartierの対応は素晴らしい。
お客を裏切らないのが素晴らしい!!

Cartierpasha38mm20


では、戻って来た状態を下にお見せしよう。
竜頭カバーの取りつけ金具は、完ぺきに新品に復帰である。

Cartierpasha38mm21


もちろんサファイアカボションも新品になったのは嬉しい限り。
サファイアカボションこそが、Cartierの証しとでも言えるアイコンだからだ。

ご覧のようにミドルケースも新品になってしまったのは、超嬉しい誤算。
またメタルブレスレットも軽くポリッシュしてあるので、こちらも細かいキズや擦れが消えてなくなり、綺麗に再生された。

Cartierpasha38mm22_3
Cartierpasha38mm23



文字盤は交換せず、トリチウム時代のモノそのまま。
キズも擦れも汚れも全くと言っていいほどなく、Cartierの係の方も「この状態なら、交換は特に不要ですね」と言ってくれたので、今回は交換を見送ったのである。
少なくとも3針は夜光で光らせたかったので(やはり光らないと不便である)、ルミノーバのモノに交換。
文字盤とそれほど違和感はないと思う。

Cartierpasha38mm24


ルミノーバの夜光の状態は下写真のとおり。
暗闇での撮影なのではっきりしないが、実際にはしっかり綺麗に光っている。

Cartierpasha38mm25
Cartierpasha38mm26


ということで、ふたたび我が左腕に戻ったCartierPasha38mmSS。
なんとも涼しげな外観だ。
夏場は、ぜひ活躍していただこう。

Cartierpasha38mm27

(この項、これにてお仕舞い)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ