最近のトラックバック

フォト

ファッション・アクセサリ

2017年4月 8日 (土)

青山で買い物

少し前の話で恐縮だが、久しぶりに青山に行く機会があり、ついでに以前の記事で紹介した「KENT SHOP 青山」に寄って来た。
前からぜひ欲しかったアイテムが在庫されていたので、即買い。
昔懐かしき「VAN」の紙袋が健在であったのが嬉しい。

20170315a


とはいえ、実は私は「VAN」世代では全くない。
「VAN」に代表されるトラッドファッションの洗礼をストレートに受けた世代は、戦後の団塊の世代である。
現在なら70歳前後の男女だ。
彼らはアメリカンなものならなんでも、それこそ思想から言葉から歌から日用品から車からファッションに至るほぼすべてを貪欲に受け入れた。

私がファッションに興味を持つようになった歳頃には、「VAN」以外にも多くのメーカーが乱立してトラッドファッションが溢れ、それ以外のヨーロピアンファッションやヒッピースタイル、アウトドアスタイルなども盛況となっていた。
その頃のトラッドの流行りは、なんといってもブリティッシュトラッドであり、これが私のファッション的根幹となった。
つまりは、一番初めに見た相手を親と思いこむひな鳥の『刷り込み』現象である。
履くなら英国靴だけ…と今だに頑固なまでにこだわるのも、当時の影響に負うところあまりにも大。

私の世代は、ごく平均的な(上流階級だけでなくという意味で)日本人が史上初めてブランドというものに覚醒した世代である。
今は政治活動家になった元小説家の田中康夫が書き、映画化までされ、社会現象とまでなった「なんとなくクリスタル」。
欧米超一流ブランドの品々だけに心の平安を求め、それを激しく希求することが生きる意味になってしまっている、ある意味精神の病に嵌った人達の空疎な日常を描いた私小説だ。

この世代を「なんクリ」世代と言うらしく、私はそういう時代に青春を迎えファッションに開眼した。
そしてこの世代は、不幸にも圧倒的大多数な団塊世代と団塊ジュニア達に挟まれてしまい、ずっと肩身が狭く希薄な存在感を余儀なくされ続けている。


ということで、長くなってしまったので、何を買ったかはまたあとで。
この日のお供は、PaneraiのPAM00103ラジオミール40mm金無垢


それにしても青山通りも、高級ブランドに身を包むカッコイイモデルさんとかコテコテに極めたスタイルの若者が歩いてないねえ…(苦笑)。

猫も杓子も、黒か濃紺のくすんだ普段着っぽいものしか着ていない。
ただの石油化合物の塊りを着て、みんな喜んでいる(爆)。
いわゆるユニクロ化ってのは、かの一世を風靡したオシャレな青山通りにまで蔓延してんのな…(嘆笑)。

20170315b

2017年3月31日 (金)

ポール・スチュアートのマフラーと手袋

明日から4月。
今年もあっという間に3ヶ月が過ぎ、毎回陳腐な感想で申し訳ないが、時の過ぎゆくのはなんと早い事か!

やっと暖かくなり、本格的な春を思わせる穏やかな良い気候になってきた。
重く分厚いコートともしばらくの間オサラバ出来る。
春には春らしい軽快で明るい服装を楽しみたいものである。

ということで、今年の冬に大活躍したコートなどの重衣料と小物を仕舞うことにした。
丁寧にブラシを掛けたりしわを伸ばして、クローゼットや衣装タンスの中へ。
次の冬まで、またしばらく眠っていてもらおう。

ちなみに下写真のマフラーと手袋は、今年に入ってから日本橋三越の30%引きセールの際に、ポール・スチュアート(三陽商会)でまとめ買いをしたもの。
これらも毎日のように多用した。


日本に初登場した1980年代初頭から、私はPaul Stuartのセンスと色使いが好きで、好きが高じて米国本店まで見に行ったことがある。
今から27~28年も前の話だが、ニューヨークのマジソン街に瀟洒で素晴らしくハイセンスなディスプレイで飾り立てた小粋な本店があった。
その本店で、30歳代半ばに見えた中堅店員さんに親切にしていただいたことを、昨日のように思い出す。

この話はそのうち書こう。

そして、服飾に興味のある人なら誰でもトラッドショップのBrooks BrothersやJ・Pressは知っていると思うが(日本でも非常に有名なので)、ボストンやニューヨークにあったChippというショップをご存じの方がいるだろうか?
もしご存知なら、その方は相当マニアックな筋金入りのトラッドファンである。
その話もまたそのうち。

Paulstuart1

2017年1月29日 (日)

何気なく買った我がブレザー、実は超絶ブランドだった!

1年ほど前に日本橋三越で買って、それ以来愛用している我が冬用ブレザー。

フェアをブラブラしていて、たまたま目に止まって軽い気持ちで試着したところ、これがまるで私のために誂えたようなジャストフィット感があり、正直ビックリした。
既製服でここまでフィット感が高いのは初めての経験であった。
過去にブレザーは何着も持っていて最近はほとんど着ておらず、もういらないやと思っていたのだが、これを逃す手はない。
価格も6割引きだ。

ということでこのブレザーは、ブランドなどに拘らず、全く行き当たりばったりで着心地だけを頼りに買ったモノである。

Ederavenscroft1




一応裏地の右には、生地ブランドとして世界的に有名な「DORMEUIL」(ドーメル)のタグがあったので、生地そのものは間違いのない確かなモノであることが分かった。

裏地の色も凄い。
玉虫色の臙脂(えんじ)なのだ。
これ見よがしではなく、これがチラッと見え隠れするのが粋である。


Ederavenscroft3





一方、裏地の左には初めて見るタグが…。
「Ede&Ravenscroft」…、知らんなぁ…。
”croft”の語尾から推測すると、ブリティッシュスタイルを標榜した国産メーカーか何かなのだろうか?
1689年創業と書いてあるから、江戸時代から続く地方の老舗織物会社であろうか…。

いずれにせよジャケットのスタイルは、フロント2つボタンに袖ボタン4つで、ハイゴージ、センターダーツの入った絞り入りのブリティッシュスタイル。

Ederavenscroft2




このタグの件はそのまま気に留めることもなく、去年は多用して愛用の一着となった。
とにかく身体にジャストフィットし、まるで羽織っていないかの如く軽やかなのだ。
ひょっとして実力のある隠れた国産メーカーなのだろうかと思い、今年になってからネットでこの「Ede&Ravenscroft」を調べてみた。

そうしたところ、またもやこのブレザーにビックリ仰天させられた。


なんと、「Ede&Ravenscroft」(https://www.edeandravenscroft.com/)とは、英国ロンドンで最も古い歴史を有する1689年創業のテーラーだったのである。
現在に至るも、式典用ローブ(外套)や法廷用カツラをオーダーメイドするレアなテーラーとのこと。
女王、フィリップ殿下、チャールズ皇太子という3つのワラントを保有し、王侯貴族、政治家、弁護士、裁判官などのエスタブリッシュメント御用達の超老舗メーカーである。

日本向けには、関西の井上清株式会社というメーカーがOEM製造しているようだ。
ここはNorman Hartnell(ノーマン・ハートネル)という老舗紳士服もOEM製造している。
私が購入したのは、三越が発注したOEM版である。

日本向けにリサイズしてあるので、フィット感が良かったのだ。


Ederavenscroft4
Ederavenscroft7_2



ということで、この素晴らしき着心地の「Ede&Ravenscroft」製ブレザー。

ラペルピンにシルバーの飾りをつけ、ポケットチーフを差し入れる。
ラペルピンも日本橋三越で購入。
ポケットチーフは1980年代にテイジンメンズショップで買った菱屋製で、年代モノだが今も大事に使っている。


Ederavenscroft5




銀座のはずれにひっそりとある、行きつけの喫茶店でブリティッシュなアフターヌ―ンティとシャレてみる。
こういう時こそ、左腕の相棒はPaneraiPAM00103金無垢ラジオミール40mmである。
こういうオシャレは、残念ながらRolexのスポロレでは難しい。
というか、オケージョン(occasion)によるのだろう。

ちなみにネクタイはPaul Stuart、イタリア製。


Ederavenscroft6

2017年1月26日 (木)

ケント(Kent)のツイードジャケット

前回記事に書いた、ハリー・キャラハン刑事風ハリスツイードのヘリンボーンジャケット。
今から約30年前の1986年頃に、銀座の松屋デパートで買ったモノ。

トラッドⅠ型のボックスシルエットで、3つボタン段返り、袖ボタン2つ、総裏、フラップポケットなどという特徴を有する。
当時は、トラッド愛好者達にはごく当たり前の基本的デザインであった。

Vankent2



ご覧のように、当時はまだ貴重だったハリスツイード協会のタグがついている。

このタグ、今やしまむらやドンキとかの安売り店で売っているさまざまな日用品グッズにつけられていて、価値は大暴落してしまったとのこと(苦笑)。
100年かけて大切に醸成されてきたブランドも、ちょっとしたマーケティングミスによって、自分達のコントロール出来ない海外でイメージが一気に崩壊してしまう。
今回のハリスツイード騒動には、そのような戒めが含められている。

Vankent3



もう一つのタグは、70年代末に倒産し80年代に復活した「ヴァン・ジャケット」の子会社「ケントインコーポレーテッド」のもの。
1960年代から70年代初めにかけて大ブレークし、社会現象とまでなった若者向けアイビーファッションの殿堂「ヴァン・ジャケット(VAN)」
当時の大学生や若いサラリーマン達が熱狂的に支持した。

その「ヴァン(VAN)」を卒業し、もう一段上級の落ち着いた大人の服装を目指したのが、今や伝説的存在とまでなった感のある「ケント(Kent)」であった。
ヴァン倒産前の初代ケントのタグには『for the exclusive man』と銘打たれていて、その目指すビジョンが明快だった。

Vankent4




高校生の頃、この「ケント(Kent)」のボタンダウンシャツを何枚も持っている裕福なクラスメートがいた。
いつかは彼のように、「ケント(Kent)」でシャツやネクタイやジャケットを買い揃えたいなぁ…といつも羨ましく思っていた。

私が「ケント(Kent)」の服を手に入れることが出来たのは、80年代に入ってからだ。
社会人…、つまり自分の稼いだお金を、自分が着る服のために使えるようになってからであった。

本記事のヘリンボーンジャケットもこの頃のものである。
だからこのジャケットは、「ヴァン(VAN)」が倒産しそのあとすぐに復活を果たした頃のもの。

それから30年近く経った最近になって知ったのだが、「ケント」のブランドがなんとイトーヨーカドーのショップブランドとして安売りされているらしい。
詳しい経緯は知らないが、「ケント」はすでにヴァン・ジャケットには商標登録権利がなく、初代ケントや80年代に復活したケントとは全く関係がないようだ。
ということで、イトーヨーカドー製ケント。
タグの地はチャコールグレーに変わり、初代や復活時代の純正モノとは異なる。

Vankent5



大人のビジネスマンのための本格的な国産ブランドを標榜した、伝説的ブランド「ケント(Kent)」
オリジナルのブランド理念とは大きく乖離し、また当時のトラッドの息吹を全く知らないスーパーマーケットの若いスタッフ達によるイトーヨーカドー製ケントは、もはや元のケントの子孫では全くない。

初代「ケント(Kent)」や80年代の復活「ケント(Kent)」を知っている元アイビー小僧やトラッド愛好者達には、イトーヨーカドー製ケントに対しては過ぎゆく時代の無情さと暗澹たる懐古の念のみがよぎることだろう。


(ちなみに、ヴァン・ジャケットオリジナルのケントショップは、細々ながら東京青山で営業を続けていて、言うまでもなくイトーヨーカドーとは全く関係はないようだ。
この青山ケントショップでは、ケントブランドはイージーオーダーのみで、既製服はないとのこと。)

2017年1月24日 (火)

ツイードジャケットの胡桃ボタン

30年前に買ったハリスツイード製ヘリンボーンジャケットを今も現役で着ているのだが、年末に右袖のボタンが1個取れてしまった。
布地に糸で留めるための足の部分の革が、30年の間に経年劣化してボロボロになってしまったのだ。

昨日、都心の神田岩本町方面に用事で行ったついでに、ボタンの専門問屋を偶然発見。
この問屋は小売りもしてくれたので、これ幸いとばかりボタンを一式購入した。
このボタンは普通の革製胡桃ボタンで、ハリスツイードの色に合わせて色は黒である。


ちなみに昨日は、PaneraiPAM00241クレドパリ文字盤が久々の登板。
最近は、冬に合わせてこげ茶の純正ベルトにしている。


着ているツイードジャケットは80年代のヴァン(VAN)社のケント(Kent)で、トラッドの王道である3つボタン段返りⅠ型ジャケット。

水色のオックスフォード地ボタンダウンシャツに、エンジ系ペーズリーのシルクネクタイを合わせ、44mmマグナムS&W M29を胸元に潜ませれば、気分はもう「ダーティハリー」ハリー・キャラハン刑事そのもの(爆)。

私の最も好きなスタイルの一つでもある。

Vankent1

2016年4月 6日 (水)

アフタヌーンティー&PAM00103

先日行った、銀座にある非常に雰囲気の良いティールーム。
窓を大きく取って室内を明るくし、そして真っ白なリネンに合わせて白で統一したテーブルが清潔感この上ない。
ここで紅茶とパンケーキを注文して、午後ティーとシャレ込んだ。

お供は、Paneraiの金無垢ラジオミールPAM00103。

Paneraipam0010317



銀座などに外出する日は、ネクタイを締め、胸にポケットチーフを飾ることが多い。
今日はブレザーを着たのだが、金ボタンと金無垢時計がマッチする。

Paneraipam0010318



真っ白なリネンのテーブルクロスの上に置いた様々な銀器が良く映える。
紅茶はたっぷり2杯半がポットに入っているので、ゆっくり味わえる。

Paneraipam0010319



ブレザーのラペル(襟)にシルバーのラペルピンを挿してシャレてみた。

最近は、銀座も中国人の観光客が増えすぎて、興をそがれることが多い。
中国人達にまだ荒らされていない隠された良い店を探すのも一苦労だ(苦笑)。

・ブレザー:三越別注(DORMEIL UK製生地使用)
・ラペルピン:三越
・ネクタイ:Alfred Dunhill
・ポケットチーフ:ケント(ヴァンジャケット)
・シャツ:ケント(ヴァンジャケット)
・パンツ:テイジンメンズショップ
・靴:Sanders UK

Paneraipam0010320

2016年2月24日 (水)

本日のお供~時計、革手袋、そしてネクタイ

今日はかなり寒い1日だった。
此処のところせっかく春めいて来ていたのに、またも冬に逆戻り。
でも別の言い方をすれば、暖冬だった今年にツイードコートを着るラストチャンスか…。

ということで、本日はスーツの上にハリスツイードのチェスターフィールドコートを着た。
そしてしっかり革手袋をはめる。
左腕のお供はPaneraiのPAM00103ラジオミール金無垢。

この革手袋、25年ほど前に買ったポール・スチュアート製。
もうすっかりくたびれているので、Dentsあたりのものに替えようかと毎年思うのだが、未だそのまま。
我ながら、モノ持ちは良い方だ(爆)。

20160224a



コートの中は、紺ストライプのスーツにエンジ色のネクタイ。
このネクタイは、20年ほど前に買ったこれもポール・スチュアートのもの。
近年の感覚からするとかなりバブリーだと思うが、今では中々お目にかかれない雰囲気なので気に入っている。

20160224b

2015年12月27日 (日)

ティファニーの内覧会に行った

丸の内界隈は大昔一丁倫敦と呼ばれていたらしい。
その一丁倫敦の端にTiffany(http://www.tiffany.co.jp/)のブティック(丸の内店)を見つけ、ウチのカミさんがネックレスを見たいと言ったので入ることにした。

カミさんが見たかったモノは2階にあるらしいのだが、あいにくその日は招待客だけの内覧会が2階で催されていて、招待状がないと2階に上がれない。
我々はフラッと入っただけの一見客なので、当然招待状はなく2階には行けない。


そうしたら、近くにいて我々の会話が耳に入ったと思われるスタッフの方が、気を効かせて我々を2階にエスコートしてくれた。
招待状がないと入れませんなどと邪険にしがちなブランドが多い中、このスタッフの方は非常に親切で、我々にTiffanyの今期主力商品をぞろぞろ出してくれて30分近い間付きっきりで対応してくれた。
彼は時計が大好きで詳しい知識を有し、何度もスイスの展示会に行っているそうだ。


あとから名刺をいただいたところ、都心某支店の店長さんとのこと。
だから我々を入れてくれる裁量が有ったのであり、非常に丁寧かつ詳細な解説をしてくれたわけだ。
そして話してみて分かったのだが、根っからの時計好き、宝石好き、ハイセンスなデザイン好きであった。
当日も細身のスーツがビシッと決まり、品の良いスクエアな時計をさりげなくつけていた。
こういう方と話していると、こちらも嬉しくなってしまう。



会場内は写真撮影不可だと思ったので、Tiffany商品は特に写真に撮っていない。
下写真は会場内で提供された3種類の飲み物。
綺麗な色で、美味しかった。

20151122a



軽食としてお菓子が、これも3種類提供されていた。
こちらも綺麗で美味しく、グラスやお菓子のティファニーブルーが良く映える。

20151122b



このような華やかな場に、ラッキーな事に店長さんの好意で入れ、ご満悦の私。

この日、紺ブレにネクタイ、買ったばかりのシルクマフラー、胸ポケットのチーフそしてPaneraiの金無垢ラジオミールという気張った格好でいたので、会場内でも目立ってしまった。
店長さんもこの人達なら内覧会に入れても問題ないだろうと判断してくれたのだろうか。
そう思いたいところである(o^-^o)。

最近は気張った恰好をしている人は少なく、このTiffanyの内覧会といえども、招待客の多くは地味な普段着の恰好が多かったのは驚きである。
世の中、カジュアル化がさらに進んでいるのか、それとも不況なのか(苦笑)。

20151122c

2015年12月25日 (金)

シルクのマフラー新規あつらえ

そろそろ本格的に寒くなって来たので、新しいマフラーを購入。

これまで使っていたのはMila Schönのグリーン系シルクマフラーだったが、20年選手なので端がところどころ擦り切れて来た。
日本橋三越をブラブラしていて目に留まったので、衝動的に速攻で買ってしまった。


ここ数年は時計ばかりにおカネをつぎ込み、他のファッションアイテムが疎かになっている。
しかし最近PaneraiPAM00103とPAM00163を2個買いしたおかげで、時計購入欲はようやく沈静化してくれている。
であれば…、ということでマフラーの購入に相成った。


偶然だが、今回もMila Schön。
特に好きでも嫌いでもないブランドだが、ここは染色(というのか発色)がとても良い。

数ヶ月前が誕生日だったので、プレゼント仕様にしてもらった。
すぐに開けてしまうので、全く意味はないのだが(爆)。

Milaschon1



昔買ったのと同じMila Schön、今度はブルー系のシルクマフラーである。
小紋とペイズリーの柄。
そして裏は濃いグリーンのウールになっていて、使い分けが出来るようになっている。

Milaschon2
Milaschon3



紺ブレ(紺色のブレザー)に合わせてみた。
シルクなので嵩張らず、着やすい。
また落ち着いた色調なので、合わせやすい。
これはお買い得だった!

Milaschon4


街中でこういう格好をしている人を、最近トンと見かけなくなったような気が…。
私が都心の中で最も好きな丸の内界隈ですら、あまり見かけない。
あと10年もすると、紺ブレはコスプレになってしまうのではないか(爆苦笑)。

丸の内の一丁倫敦の端にあるTiffanyのブティックに寄ったら、たまたまちょうど内覧会が開かれていた。
招待状なしだと当然入場出来ないのだが、この恰好が良かったのか、応援に来ていた支店の店長さんのご好意で入場が許可され内覧会を拝見する事が出来た。

その話は、次の記事にて。

Milaschon5

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ