最近のトラックバック

フォト

日記・コラム・つぶやき

2017年9月10日 (日)

鳩さんと遊んだ・後編

ここ数日は良く晴れ上がり、湿度も低くて快適だ。
汗が出るほどは暑くなく、かといって肌寒くもなく、半袖でちょうど良い絶好の気候。

この気候に誘われるまま、隅田川の河畔を散歩。
休日の左腕の相棒は、言うまでもなく常にディープシー・Dブルー一択となっている。

20170909b



この日は、先日海外から個人輸入した、Aldenバーガンディ色コードバンのタッセルローファー(#563)を初めておろした。
私はバーガンディ色が大好きなので、Aldenからの個人輸入品は今のところ全てこの色である。
タッセルローファーは、サイズ合わせは難しいものの、脱ぎ履きが容易なので日本の生活事情にはとてもマッチする。
便利なので、ここ数年はほとんどタッセルローファーかローファーを履いている。

コードバン独特のひかり具合が、絶品ですなぁ。
だからコードバンはイイ!!
この靴については、別記事にして後日改めて紹介する。

20170909c



さて、河畔の遊歩道のベンチに腰掛けてスナック菓子をつまんでいたら、それを目ざとく見つけたのか鳩がチラホラやってきた。
つい調子に乗って、スナック菓子を指で潰して細かくして食べやすくして、あたりにばら撒いた。
そうしたら集まるわ集まるわ、あっという間に座っているベンチの所だけ鳩がうじゃうじゃやって来た。

20170909d



訪問者は1分もしないうちに20匹ぐらいに増え、エサをねだって私の回りをグルグル。
鳩だけでなく、雀まで。
こっちも気を良くして、さらにスナック菓子をばら撒く。

20170909e



そうしたら、突然一匹が荒々しく私の腕に飛び乗り、エサをおねだりし始めたのである。
ちょうど左腕のディープシー・Dブルーのあたりに飛び乗り、鋭い爪のある足で踏みつけまくる(爆)。
「やめてくれーーー!!」と言いながら、私も結構楽しんでいるので腕は振りほどかない。

鷹匠ならぬ、鳩匠(爆)。
手乗り文鳥ならぬ、手乗り鳩(更爆)。

20170909a_2



この鳩は、我が左腕とディープシー・Dブルーをしばらく蹂躙しまくってから、ようやく飛び立ってくれた。
おかげで、二の腕に軽い引っかき傷らしき痕が…(苦笑)。
糞公害の犠牲にならないかヒヤヒヤしたが、これはセーフ。
そして、ディープシー・Dブルーは何事もなく無事。

ということで、楽しいハプニングであった。

20170909f

2017年9月 9日 (土)

鳩さんと遊んだ・前編

我がRolexディープシー・Dブルーが、鳩たちの手荒な歓迎を受けている。
足で踏まれまくって、もう大変!!

20170909a
(後編に続く)

2017年8月 7日 (月)

○○の尻…て?

現在いたくご執心の、『○○の尻(しり)』。
ではその正体を行ってみよう。

決して『女の尻(しり)』ではなく…。
いや、それが正解だったなら本当は嬉しくもあるが…(大爆)。















正体は、『馬の尻(しり)』

つまり、コードバンである。
動物の尻であっても、女の尻ではないのが残念(爆)。(←まだ言うか!)

コードバンの革を使った、靴ということだ。
コードバンの靴は、コードバン自体が希少品なゆえに、非常に高価だ。
通常の牛革の2倍近くする。
そして中々手に入らない。

で、このコードバンを使った靴の中で、最も有名なのが米国Alden(オールデン)の靴。
このAldenのコードバン靴を、入手可能なうちにどうしても履きたい欲求が最近は盛り上がって来ているのだ。
これまでは、紳士靴といえばかならず英国製を入手していたのに、ついに私も米国製に手を出すこととなった。

ということで、このコードバン熱。
早速米国から輸入してみた。
詳細は近々。

Alden11

2017年8月 3日 (木)

ただ今、○○の尻にご執心(爆)

しばらく新しい記事が登場しなかったのだが、別に暑さでへたばっていたわけではない。
実は、最近あるモノにいたくご執心なのだ。
毎晩のようにネットを徘徊しては、楽しんでいる(大爆)。


ご執心のモノ、それは…。











○○の尻(しり)!!

先週も、それを求めて青山や銀座をフラフラ。


○○の尻
…、若い頃はとても手が出なかったからね。
ウチのカミさんにその話をしたら、
「あら~、別にいいわよ、追っかけても」という返事。
カミさんからのお墨付き(爆)。

さて、この『○○の尻』とはなんでしょう?

2017年2月 5日 (日)

花金(ハナキン)って死語だっけ(爆)

1980年代中ごろから、わが国でも週休二日制が普及してきた。
土日が休めるので、その前日の金曜日は花金(ハナキン)と言って、1週間の激務から解放されるサラリーマンにとっての待ち遠しい日だった。

人減らしが常態化しブラック企業が蔓延した現在、花金(ハナキン)などという悠長な言葉は死語なのであろうか…。


その”花金”であった先週金曜日の節分の日、友人の快気祝いを兼ねつつ久闊を叙し、銀座で飲んだ。

1次会はすき焼きしゃぶしゃぶの店で2時間ほど。
2次会は、とても落ち着ける静かなバー。
この日のお供は、PaneraiPAM00103ラジオミール金無垢40mm。

PAM00103は、落ち着いた静かな大人の空間にベストマッチする。

20170203

2017年1月20日 (金)

あいかわらずの我が物欲(苦笑)

ここのところ、時計熱は一段落している。

実は、次に欲しいアイテムはすでに決まっているのだ。
アイテムだけは…、ね。
かなり高価なので、今すぐという訳にはいかないのが辛い(苦笑)。
そのための貯金もラッシュしなければ…。
このアイテムが手に入ったら、たぶんこれで打ち止めになる(ホントかぁ~?)。

だから、数年掛けてもかまわないと長期戦で考えている。


しかし我が『物欲』は一向に収まりを見せず、時計熱が治まって来たのをころ合いに、今度は英国靴が久しぶりに台頭している。
ここしばらくトランプ相場が剥落するのを見極めていて、ポンドが下落したら、以前のようにまた個人輸入しようかと目論んでいるところ。
もし買ったなら、当ブログでお披露目しよう。

それと、デパートの冬のバーゲンセールで30%オフでコートを買ったせいで、数年ぶりに洋服も台頭してきた。
時計のような高価なものさえ買わなければ、そのお金で靴でもコートでもスーツでも最上のモノが揃う(爆)。
今ではジョン・ロブとかエドワード・グリーンの靴なんて、いつでも買えると思えるので、かえって欲しくなくなるから不思議だ(大爆)。


下写真は、スーツ着用時に出番が多いPaneraiPAM00103ラジオミール40mm金無垢。
これは一昨日の休憩中のショット。

20170120

2017年1月 5日 (木)

正月5日間の時計

正月の賑わいを見せる浅草に用があり、ついでに浅草6区を散策。
下写真は「雷門」でのショット。
この日はスーツにネクタイという姿だったので、左腕の相棒にPaneraiのPAM00103ラジオミール金無垢を選択し、正装感を出す。

20170105a
20170105b


今年の正月5日間で、相棒にした時計は2個。

1日…Rolexディープシー・Dブルー
2日…PaneraiPAM00103ラジオミール金無垢
3日…使わず
4日…PaneraiPAM00103ラジオミール金無垢
5日…Rolexディープシー・Dブルー

スーツやジャケットにネクタイというキチンとした姿だと、金無垢が活躍してくれるようになった。
一方カジュアルでラフな姿だと、スポロレやパネライのデカ厚。

最近は一軍時計が9個も増えてしまったので、使うものと使わなくなるものがハッキリ分かれている。
ここのところ気になっているアイテムが出現したこともあり、そろそろ集約とか絞り込みを念頭に置いた方が良いような気もしてきた。
今年1年は、その方向で動くかもしれない。

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年2017

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

20170101

2017年 元旦
ノスタルG

2016年12月31日 (土)

今年の総括・後編~Panerai一段落そしてRolex回帰

今年も、残すところもうあと7時間(現在31日の17:00)。
この記事にて、今年の締めとしよう。

時計を中心とした物欲ブログが3年間も続いて来たとは、本人すら全く予想外だったのだが、続けていくだけのネタがまだあったのかと正直驚いている。
すでに軍資金は枯渇状態にあるのだが…(大爆)。

また、他のブログにコメントを書いたりアピールしたり、オフ会などに出たりする交流をほとんど行っていない、まさに『絶海の孤島』なブログがよくもまあ今まで続けられたものである。

さて、話を今年の総括に戻す。



1.Paneraiは一段落

2015年の怒涛のようなPanerai 買いも、今年はついにPAM00270の購入で一段落の運びとなった。

Paneraiに関しては、ラジオミールもルミノールもルミノール1950も一通り揃った。
金無垢もクロノグラフも揃った。
一方、ここ数年の新作には、欲しいと思う気持ちが全く湧かない。
特に2016年の新作は、個人的には今一つピンと来ない。
なぜなら、防水性能が売りの、軍事的用途を出自とするPaneraiが、なぜ日常防水程度のモノを出すのか?
自分の由緒ある歴史を否定して、どうする?
このステンレス製日常防水時計の出現は、個人的にはPaneraiブームの終焉と現在の低迷を象徴する出来事だと考えている。
今後のPaneraiはごく普通の時計メーカーになって行き、独特のデザインセンスに溢れた魅力がどんどん褪せてしまうような気がする。
そうなったら、CartierやBvlgariどころか、OmegaやTagheuerといった市場強者との競争が待っている。
前途は多難だろう。

Paneraiの黄金期は、ズバリ言って2000年~2006年頃までだと思う。
この時期には、綺羅星のごとく魅力に溢れたアイテムが目白押しであった。
今後は、この時期のラインナップを越えることが出来ないかもしれない。

ということでPaneraiは私の中では一段落、つまりはもうここら辺で打ち止めである。



2.Rolex製品が提供する信頼性への回帰

サブマリーナーref.16610V番を売却して以降、Rolexへの関心は薄れていた。
Rolexの高信頼性、堅実感といったイメージは地味で面白みがなく、Cartierの華美で上品なイメージやPaneraiのソフィスティケートされたクールなデザインに魅了され続けていたのである。
だから、RolexはGMTマスターⅡref.16710青赤が1本あれば、それで十分だろうと思っていた。

去年までは、各ショップをネット訪問すると必ずPaneraiから見ていた。
しかし今年はRolex製品が再び気になり出し、今ではまず最初にRolexからチェックする。
変われば変わったものだ。

なぜこのように変わったのか?
それは、今年に入って300m以上の防水性能を満足する時計が欲しいということで選定作業を繰り返した過程で、ディープシー・Dブルーが筆頭候補として浮かび上がったことが大きい。

そして改めてじっくり時間をかけてディープシー・Dブルーを検討し、その結果として実物を入手したことで、工業製品的にある一定の頂点を極めた感のあるオイスターケースの素晴らしさは元より、その精度(日差)、防水性、針や機械機構のがたつきのなさ、分・秒針の整合性、堅牢性等々どれをとっても満足いくレベルにあることを改めて認識した次第。

Rolexには、その商品マーケティングの極度な閉鎖性や消費者無視の傲岸でイヤらしい転売防止策など、問題が多々存在する。
しかしそうではあっても、商品そのものの質はやはり他メーカーに比べて一頭地を抜いて優れていることは間違いない。

たとい『腐っているにしても、鯛は鯛』なのだ。

私の場合、単にRolexに『回帰』したというよりは、Rolex製品が提供するその『堅牢性』や『高い信頼性』に回帰したということであろうか…。


とはいえ、今後もRolex製品を次から次へと買い続けるかというと、必ずしもそうではない。
実はステンレスレンジでの最高峰であるディープシー・Dブルーを手に入れたことで、他のアイテムにはあまり興味がなくなっているのも事実。
ディープシー・Dブルーの所有者は、いまさらサブマリーナーもシードも不要なのである。
それは、まさにPaneraiのステンレスレンジ最高峰であるPAM00270を買ってしまったら、他のPanerai製品への興味が剥落してしまったのと、全く同じである。


********** ********** **********


ということでRolexに対してですら、早くも打ち止め感が台頭しつつある今日この頃。
というか、一軍時計が9個もあればさすがにもうお腹一杯。
まあ、私の場合はPatek PhilippeやA. Lange & Sohneなどの雲上クラスにはあまり食指が動かない事、そしてビンテージ物にも全く興味がない事が、大いに幸いしているのだろうと思う。


今は、焦って何かを探し回る必要もなく、気持ち的に大いに余裕がある。
今後は、本当に私の心の琴線(きんせん)に触れるようなオーラを発するものが出現したら、それはその時考えれば良いという程度の話。

でも、その時のためにも軍資金だけは再プールしておこうと思う。
実は現在、軍資金は全く底をついていて(こんだけ買ってたらあたりまえだ!)、お恥ずかしい限りだが何をするにも動けない状態に陥っている(苦笑)。



今後の当ブログは、いまある一軍時計達の日々の表情とか、他のファッションアイテムの話とか、気に入ったショップやグルメの話を混ぜつつ、あいかわらず自分流で勝手気ままに書く予定。

ということで、『絶海の孤島』とも言える超絶マイナーな当ブログを訪れて下さる奇特かつ希少な皆さん、良いお年をお迎え下さい。
これからも、お時間がある時に軽い気持ちでお寄りいただければ嬉しいです。
来年もよろしくお願いしますm(_ _)m。

20161231

2016年12月30日 (金)

今年の総括・前編~今年買った時計

2016年も、もうあと2日。

時間の経つのは早く、歳を重ねるにつれそれが加速する思いだ。
今年は特に秋らしい秋がなかったせいもあって、一気に冬になりそして師走に突入してしまった感がある。

さて、『絶海の孤島』たる当ブログ、時計を中心とする物欲に関する話題を勝手気ままに取り上げてきたが、この手の話題はどうしても軍資金が底をついたらネタ切れになるのは必定。
とっくにネタ切れではあるので、いつ失速してもおかしくはない。
しかしながら、それがまあ…よくも丸3年間も続いてきたものだ。


そして今年は、私の”物欲”心理もかなり変化した年だった。
年の瀬にあたり、今年を簡単に振り返ってみる。



1.今年買った時計

2016年に買ったのは2個。
PaneraiのPAM00270とRolexのディープシー・Dブルーである。
奇しくも44mm径ということで一致した。

Rolexdeepseadeepblue18




2015年が怒涛のPanerai買いに走った1年であったのだが、今年はペースダウン。
しかも、PAM00270を買うために同じPaneraiのPAM00161GMTを手放した。

PAM00270は、自社開発のP2003ムーブメントを搭載した、Paneraiのステンレスレンジでの最高峰である。
10日間パワーリザーブ、デイト表示、GMT機能、午前午後表示、サンドイッチ文字盤、ドーム型風防など、Paneraiの最高位に位置するだけあって、機能や魅力が満載。


Paneraipam002706
Paneraipam002709



もう1つのRolexディープシー・Dブルーは、何度も書いてきたように銀座の正規店で定価で買った。
この、正規店で正価で買うために、7月中旬から9月上旬のクソ暑かった約2ヶ月というもの、都心の正規店廻りを延々と強いられたのは何本かの記事に書いたとおり。

3900m防水を謳った堅牢無比な超高性能機で、Rolexの最大の売りである防水性能に関してその頂点を極めている。
しかもブルーのグラデーションが効いた文字盤は、レア度に一層拍車を掛けている。

たぶん、全Rolex商品の中で新デイトナ以上に最も入手難なアイテムで、常にディスコンの噂もつきまとう厄介なシロモノである。

Rolexdeepseadeepblue7
Rolexdeepseadeepblue15



2.手放したPAM00161GMTの問題

PaneraiのPAM00161GMTは、軍資金の問題からPAM00270を買うために手放した。

PAM00161GMTはチタニウムケースなので、44mm径という大きさの割に軽快な装着感があった。
そして旧型メタルブレスレットを標準装備しているので、この点で特に希少価値があった。


Paneraipam001614



それにもかかわらず手放した大きな理由は、時刻合わせの際にムーブメントであるValjoux7750-P1(OPⅧ)をスタートさせた時に生じる秒針と分針の不整合(タイムラグ)である。

秒針が20秒ほど動いてから、初めて分針が動き出すのだ。
この不整合はETA系ムーブメントでは当たり前にある挙動らしいということは、あとから知った。


私は、Paneraiといえども出来るだけきっちりと秒針と分針を合わせたい方なので、この不整合にはあまり良い気分にはなれなかった。
それはそうだ!
第一、こんな不整合はCartierのタンクアメリカンでも、Rolexでも全然起こらない。
いや、まてよ!?
そういえば、かなり以前に買ったSinnのクロノグラフでそういう不整合があってイライラしたっけ。
このSinnも確か同じようなETAムーブメントを搭載していたが、数カ月で売り払ったなぁ…。

Paneraiの名誉のために書くが、この分・秒針間の不整合、さすがにゼニスのエリートを搭載するPAM00103、名機Valjoux234を搭載するPAM00163、そして自社ムーブメントP2003搭載のPAM00270では全く起こらない。


やはり、ETAムーブメントは私の精神衛生上あまり良くないらしい(苦笑)。
以上の事から、PAM00161GMT売却を決意したのであった。

結局今年は、買ったのが2個、売ったのが1個で、都合1個純増。
現在の我が一軍時計は9個の陣容となっている。

(今年の総括・後編に続く)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ