最近のトラックバック

フォト

時計全般

2017年6月23日 (金)

ちょっと気になった時計

ややご無沙汰気味。
忙しくはないし体調も特に悪くはないのだが、なんとなく筆が乗らずにズルズルと過ごしている(苦笑)。

さて最近、ちょっと気になる時計があったのでご紹介しよう。
私にしては珍しく、アイテムはPorsche Design(ポルシェ・デザイン)の2017年新作である。
2017年の新作製品をネットサーフィン(←これも死語?)していて、見つけた。

ポルシェ デザイン モノブロック・アクチュエーター GMT クロノタイマー (PORSCHE DESIGN Monobloc Actuator GMT Chronotimer)



詳細は高級ブランド時計専門サイトGressive(http://www.gressive.jp/brand/catalog/porsche-design/3838/)をご覧いただくとして、私が気に入ったのはブルー文字盤のモノ。
定価は税込み99万3600円。

ポルシェらしいメカ感、計器感が素晴らしい。
竜頭も大きくガッチリしていて頼もしい。
この時計、クロノグラフ計測が出来て、GMT24時間表示が出来て、そして100m防水なのだ。
加えてデイト表示もついている。
いわば、デイトナとGMTマスターⅡとデイトジャストの3つを合体させた機能がついていて、なんともお徳である。
2017年の新作で、日本には6月初旬には登場したようだ。



ということで、気に入った私は早速この実物を見に行ったのである。
場所は銀座の某老舗デパート。
あいにくブルー文字盤はなく(というかまだこの時点では日本未入荷だった)、見れたのはブラック文字盤のみ。

ケース径が45.5mmとPaneraiと同等以上だったのだが、大きさはPaneraiの44mm径に慣れているので特に大きくは感じない。
重さは、ケースがチタンゆえ全く重くは感じない。

クロノグラフの操作は、ポルシェのカーテクノロジーで培った最新技術を採用していて、カチッというアクチュエーターが心地良い。
なにより操作のプッシュボタンを無くした事が、この時計の外観を先進的なデザインにすることに大いに貢献している。
YouTubeのPorsche Designの映像も、参考までに以下に貼っておこう。
https://www.youtube.com/watch?v=HeQSMomkews


ちょっと気になったのは秒針がないこと。
その代わり、9時位置の窓に動いている表示が示されるというユニークな表示方法を採用している。
あと、どこのショップサイトにも書いていないが、裏はスケルトンだ。
内部が裏から見れるのも楽しい。



チタンの軽量感、未来的デザイン、正確無比な機械の無機質感…。
そして最先端のポルシェのカーテクノロジーの粋を活かして生まれた時計。
こういう世界が大好きな人には、おススメである。
愛車がポルシェならば、なおさらイチオシする。

ただ、現物を見れたことは私には正解だったようで、私のいつもの感覚…つまりCartierやPaneraiのアーバンなデザイン性に惹かれる感覚とは少々相容れない世界のような気がしなくもない。
もしこれを買ったとしたら、例えば服装などもこれに応じた雰囲気に変えなければならないかもしれなくなる。

以上のことから、これで税込み100万円もするのは私個人としては少々お高く感じられたのであった。
そういうことで、今回は気に入ったところまでは行ったものの、最終的には購入候補から外した。

2016年10月30日 (日)

最近の我が一軍時計達

時計とは、つけている時の充足感をいかに提供してくれるかにかかっていると個人的には思っている。
充足感の中で少なからぬ部分を占めるのが、時計そのものの存在感ではなかろうか。
そしてその存在感は、大きさ、重さ、厚さといった物理的な要素にも大きく関係してくる。

実際、最近の私は38mm径のCartierPashaをしなくなってしまった。
40mm径以上、特に44mm径に慣れてしまうと、もはや38mm径には中々戻れない。
かといって一概に大きければ大きいほど良いわけでもなく、例えばPaneraiの47mm径だとさすがに腕の太さや身体全体とのバランスを崩してしまう。

以前にも詳しく書いたが、どうやら私の腕には40~44mm径が良いように思える。
38mmと40mm、たった2mmの違いではあるが、そのわずかな差ですら意外に無視出来ないほど感性というものはデリケートである。



さて、いつの間にか我が一軍時計は9個を数えるまでに増殖してしまった(苦笑)。
9個ともなると、普段良く使うモノとそうでないモノがハッキリ分かれてくる。
これ以上増やしても、結局使うブツは限られる。
私の腕も2本しかないし(爆)。

『ベストナイン』としてこのまま9個体制で行くか、それとも『真田十勇士』としてもうあと1個ぐらいは増えるのか…( ^ω^ )。


現在の状況だが、最も登板頻度の高いのは購入したばかりのディープシー・Dブルー
ある意味当然か。
それ以外には、毛色を変えてPaneraiPAM00270(10デイズGMT、ドーム風防)。
そして何か改まった席や豪華な会合には、金無垢のPaneraiPAM00103ラジオミールかCartierのタンクアメリカンLM

そうそう、日常的な使用やちょっとした外出などにはRolexのGMTマスターⅡを多用している。
実際の使用頻度は、これが一番かも。
おかげで、GMTマスターⅡ赤青はラグの側面にキズが散見されるようになっている。

上にも書いたが、CartierのPashaSS38mmは全く使わなくなってしまった。
これはこれで或る意味Cartierのアイコン的存在の一つだし、なによりオーバーホールしてムーブメントもミドルケースも針も風防も新品に換えてしまって文字通り裏蓋以外はほとんど新品に生まれ変わったので、今のところとりあえず退蔵の方向で二軍落ちになりそう。

20161030

2016年9月10日 (土)

買い出動はいつがイイ?

タイトルの「買い出動」…、株や為替の話ではなく。
これから先、欲しい時計はいつが買い時なのかという話。



今年秋の懸念事項はいくつかある・・・、ではなく一杯ある(爆)。
後世、ひょっとして歴史の転換点の一つに数えられるかもしれない。

・ドイツ政府の緊急警告発動(食料備蓄の勧告)
・ウクライナとロシアの紛争が本格戦争に拡大か?
・9月以降、為替の大変動(1ドル=80~90円の水準)?
・ドイツ銀行の破たんとそれによるユーロ経済の崩壊
・それに伴う世界の株式市場の暴落
・米国ドルの異変
・米国の政変(FEMAによる戒厳令発動)?
・大地震の予兆




以上のような状況はタメにする陰謀論として一笑に付すのではなく、それぞれがマジに現実化しそうな情勢なのだ。

だからこそ、生活にほとんど与しない趣味のモノなどに大枚はたかず、金融危機に対しては「金(ゴールド)」を買い、大地震への備えに対しては食料の備蓄をやった方が良いのではないかと、マジに考える。
趣味のモノは欲しいが、さりとて懸念される状況が現実味を帯びて来ているだけに、そんなモノにうつつを抜かしていて良いものだろうか?とも思う。

一方、そうであるならば逆に今のうちに一刻も早く買って、そして限りある平穏な時間にそれをせいぜい楽しむという選択もある。
言うまでもなく『Time is Money』
限りある人生だからこそ、外部状況に左右されず自由闊達に生きたいものだ。



「買う」か「買うまい」か…、今の私の頭の中は毎日この2つの言葉が激しく交錯する状態に置かれている(苦笑)。

2016年7月21日 (木)

今年は暑い夏になるか?

2016年5月に米国NASAが発表した「今年は観測史上最も暑い夏になる」との警告。
7月の都内は35℃を越えることはなく、暑いことは暑いがそれほど耐えられない状況でもない。
実際、昨日も今日も涼しいぐらいだ。
8月や9月になったら、状況は一変するのだろうか?


話変わって。


年初から一部で話題となったイタリアでの銀行取りつけ騒ぎ。
日本のマスゴミは全く報道しないが、ヨーロッパの経済状況(特に金融機関の内容)は予想以上に酷い。

次の巨大破綻先と囁かれているドイツ銀行が本当にクラッシュしたら、連鎖的にヨーロッパの金融機関は目も当てられない状態となり、今度こそ世界恐慌まっしぐらとなる可能性が高い。

Deutschebank


ちなみに、1929年に起こった大恐慌は10月下旬だったが、2008年のリーマンショックは9月に起こったし、その前段となったBNPパリバ(フランス)の破綻をトリガーとする米国サブプライム問題の破綻は、2007年8月に起こった。
今でも良く覚えているが、この2007年8月も投資家にとっては”暑い夏”だった。

テロの横行や難民の暴発と相まって、今年の夏を乗り切れるか否か、要注意である。



ということで、時計の話題に戻そう。


最近大阪方面の中古時計屋のサイトを見ていて、ビックリした。
状態の良さげなPaneraiPAM00270が、90万円を切って出ているのだ!!
私が買ったのは3ヶ月前、そして今は10数万円も値下がりしている。
現金正価で170万円、中古価格でも100万円を切らなかったアイテムが…である。

Paneraipam0027019


他にも、ジャックロードや宝石広場などでは8日手巻きのPAM00233中古品が90万円前後。
名古屋方面のショップでは、半月ほど前にPAM00233の高年次モノがなんと70数万円で出た。
ここまで下がったら、さすがに速攻で売れたようだが(今見たら売却済みになっていた)。

Paneraipam002333



円高や経済状況の悪化にともなって、時計が売れなくなって来ている。
そのため中古品も、目に見えて値段が下がって来たのだ。
正規品も、Paneraiは先週金曜日から値下げに踏み切ったが、それに追従する動きは加速されよう。


私は、もう一押し行くだろうと見ている。
イタリアの取りつけ騒ぎが常態化し、銀行が封鎖でもされたら、円高は一層加速する。
そしてこの”暑い夏”を乗り切れずヨーロッパが(ドイツ銀行が)万が一クラッシュでもしたら、暴落状態になる。
RolexやPaneraiなどのヨーロッパメーカー自体が、ただでは済むまい。



このような混沌とした先行きにもかかわらず、実は、今現在欲しい時計が2つある(爆)。
そしてそれは、2つともPaneraiではない!!
私にとってのPanerai所有欲は、実質的にPAM00270でトメを刺したと考えている。
それほどPAM00270は、非の打ちどころの少ない素晴らしい時計である。
(まあ、日常使いという位置づけで、もうあと1~2個はPaneraiを買うかもしれないが…。)

Paneraipam0027020


それに伴い、いまある一軍時計を再構築しようと考えている。
着々と資金計画を練っているところなのだが、円高の推移とヨーロッパ経済の動向から目が離せない。


もちろん悲観論者ならば、時計を買うようなおバカな真似はしないだろう。
金(きん)を買うか、水や緊急用食料を備蓄するのが、賢い人である。
私はおバカな人なので(爆)、世の中が動乱していても欲しいモノは欲しいという病気は治らない。
買いたいブツがある人にとっては、今買うかそれともまだまだ待つか…悩ましい”暑い夏”になりそうだ。

2016年7月 2日 (土)

パネライ以外はどうしてるか…って?

もう、すっかりパネライのブログと化した観のある当ブログ。
いや、本当はパネライ特化を意図しているわけではないのだが(苦笑)。

現在の一軍時計は以下のとおり。
Paneraiが5、Cartierが2、Rolexが1の陣容。
あくまで予定だが、しばらくは(…いやこれからもずっと?)この体制のまま増減はなさそう。
それより、Paneraiの純正革ストラップは少し買い増すかも。

20160701a



最近ブログに出てこないCartierとRolexは保管ボックスに鎮座したまま。

Cartierのタンクアメリカン金無垢は、これを身につけて出るシーンが最近ないことがやや寂しい。
パシャ38mm径の方は、また小ぶりの径がブームとなって復活した時のためにあえて取り置いている。

RolexのGMTマスターⅡref.16710赤青は、近所に買い物に行ったり散歩したりするときの日常ユースである。
ケースの側面にいくつかキズが見られるようになった。
実は、キズが散見されるほど使ってはいるのだ。
キズを作ってしまったので、もはや高値で売ることは望めない(元々売る気はないが)。
だからこのまま使い倒すつもりである。

20160701b

2016年6月24日 (金)

ほれほれ、どーすんだ???(大爆)

イギリスのEU離脱が、国民投票の結果はっきり決まり、猛烈な円高と株式市場下落が襲っている。

6月24日午後現在、為替は
・ドル円  :100~102円
・ユーロ円 :110~112円
・ポン円  :135~138円
・スイス円  :104~105円

で、久しぶりに見る猛烈な円高である。
そしてグローバル主義者達の大慌てのサマが滑稽だ。



さて、これまで円安になると、やれ輸入価格が上がっただの人件費がかさむだの言って、速攻でそして何度もさみだれ式に国内価格を値上げして来た高級機械式時計業界。

例えば業界に最も関係の深い通貨の1つスイス円などは、去年の突発的な円安のあと徐々に値を戻し、ここ数カ月は115円台つまり値上げ前の数値に落ち着いている。
誰も指摘しないが、為替は去年の再三の値上げの前の状態に、実はとっくに戻っているのだ。
今回の超円高がさらなるダメ押しである。


<スイス円>
20160624


<ユーロ円>
20160624_2



ところが、こういう円高を受けても、依然値下げの動きはない。
この業界は一体どうなっているのだ!!!
これでは、消費者からそっぽを向かれて当然ではないか。
生活には全く関係ないし、スマホで用は足りるし(爆)。



それでも、高級機械式時計がどうしても欲しい消費者の皆さん。

もう少し待とうね(大爆)。
そのうち正規店も並行輸入業者も、耐えきれずに値下げするから。
でないと、坐して潰れるのを待つことになる。

あわてて高値掴みすることはない。
賢い消費者になって、今度はこっちが主導権を握ってやろう!!!

2016年5月12日 (木)

常連という存在の功罪

手持ちの時計を買い取り査定してもらおうと思い、複数のショップが林立している”時計の聖地”中野ブロードウェイに行った時の話。


1階から順番に5店舗ほど回ったのだが、3番目のお店に入った時のこと。
その店は、100万円を超える高額商品ですらネットで告知した途端にすぐに買い手がついてしまう有名店である。
そして、店舗内に3人もお客がいると満足に見ることが叶わなくなってしまうほど、ごく狭い店である。

私が行った時はすでに1人の先客がどっかと座っていて、差し向かいで店主と談笑中であった。
そのため、2~3分の間ショーケースを覗きながら買い取り査定を頼むタイミングを計っていた。
しかし雑談は全く途切れない。
常連らしく一応時計の話題らしき事を話しているのだが、購入の話とか具体的な商品仕様の話ではなく、ただただ世間話の類である。


このお客は椅子に深く腰掛けてしまい、居着いている状態そのものだった。
他に客が来たから世間話を自粛しようとか、気を効かせて帰ろうなどという気配は微塵もなかった。
こうなると、買い取り査定はこのお客の目の前で行われることになる。
店は非常に狭いため、他の大型店のように商談室などは望むべくもない。
自分の時計を店主でもないこの人物の目の前に晒さざるを得ず、センシティヴな金銭交渉を、全く関係のない他人の眼前でやらざるを得なくなる。

これには私も耐えられなかった。

そのため、5分ほどで見切りをつけ、買い取り査定は諦めてこの店を後にした。
条件の揃った、非常に状態の良いブツだったので、店にとっても決してマイナスにはならなかったはずだ。
現にこのあと入った他店では、事前予想を大きく上回る買い取り値を付けてくれた。
常連の存在があったがゆえに、別のビジネスの可能性をその常連のせいでフイにしたのである。



小さい店であるから、ネットにアップした途端にすぐに買ってくれるような金満な常連は、とても貴重で大事にする必要があるだろう。
このような裕福な常連を抱えているおかげで、こういう店は存続出来ているとも言える。

しかし考えようによっては、その常連達の過剰な存在感が、他の一般のお客が落ち着いて品定めをしたり買い取り査定をお願いしたりする機会を奪っているとも言えなくはないのだ。
このような常連の存在は、大なり小なりどこの店にとっても痛しかゆしなのかもしれない。


…と、つらつら考えつつ、他店での予想以上の買い取り金額にホクホクしながら、その日の中野ブロードウェイを後にした。

2016年4月26日 (火)

ぐぬぬ…タッチの差で逃した!!

最近ネットで探しまくって、ようやく見つけたブツ(時計)。

確かに昨日25日夜まではネットに販売中として載っていたので、買う気満々で、今日の夕方おカネを握りしめてその店に行ったら、なんと!「現在商談中」。
よりによって、欲しいと思って狙っていたそのブツだけが「現在商談中」。

ガビーーーーーーーンorz!!
そりゃないぜー、せっかく大枚はたく決意を固めたというのに…orz。
あーーー、立ち直れない(爆)。

2015年12月31日 (木)

Paneraiマイブームだった今年1年

今年も、残すところもうあとわずか半日(現在31日午後3時半過ぎ)。

そして、当ブログもこれで丸々2年経つ。
時計を中心とする趣味のブログが、これほど長く続くとは当初全く考えてなかったし、また続けられるほどのネタがあるとも思っていなかった。
しかも他のブログに出張ってコメントを書いたり宣伝したり、ましてやオフ会に出たりする交流を、ほとんど行っていない。
まさに『絶海の孤島』状態なブログなのに2年も続くとは・・・、正直自分でも驚いている。


さて、今年も時計趣味を中心として、よく散財してしまった。
まさに物欲に終始踊らされた1年だったような気がする。
ごくささやかでも日本経済に貢献出来たであろうか…(苦笑)。

個人的にはなんといってもPaneraiがマイブームとなってしまい、2014年の暮れには「もう買いたいアイテムはほとんどない」などと書いておきながら、翌年は1年間で4個も買ってしまうていたらく(大汗)。

この手の趣味人間が発する「もうお腹一杯で買いたいモノがない」とか「もうこれで打ち止めにする」などという言葉は、まともに相手にしない方が賢明。
どうせそのうちムズムズして来て、また性懲りもなく何かを買うのだから。
それを身を持って証明した1年だった(爆)。


Paneraiがマイブームだったとはいえ、私が欲しいのは最新製品群ではなく2003年ごろを中心とするすでに生産中止となった入手しにくいアイテムばかり。

まず3月に、2003年のSE(Special Edition)である2003年ローレウスレガッタ記念クロノグラフPAM00168を購入。
限定版で399個生産されたモノ。
青文字盤に若草色の長短針という、カラーコントラストが大いに気に入っている。

6月には、これもすでに絶版となって久しいPAM00161ルミノールGMTを買った。
こちらは最終M品番で、ほとんど未使用に近い状態で日差も±1~2秒という良品。
44mm径で旧型メタルブレス。

さらに10月には1ヶ月の間に2個も買う暴挙(爆)。
初旬に、Paneraiの金無垢がいよいよ仲間入り。
初めてのラジオミールで、2年間の限定生産だった40mm径PAM00103。
これはもの凄く素晴らしく、そして超絶に気に入っている。

2週間後に(爆)、今度はレアクロノの代表格であるPAM00163。
ラジオミールにもかかわらず44mm径、希少なヴァルジュー234を搭載した2カウンタークロノグラフ。
限定230個のSEである。
これもPAM00103と同じく大いに気に入り、最後までPAM00103と競って悩んだシロモノ。
結局2つとも買ってしまったのだが(爆)。

そしてこの2個買いの陰で、Rolexのサブマリーナーref.16610V番デッドストック品が犠牲になった。
デッドストック品でV番、ルーレット文字盤、保証書含む付属品全て完備というシロモノだっただけにとても高く売れた。
そのおかげもあって2個買い出来たとも言える。

今現在、一軍は8個体制である。
・Panerai PAM00103 PG ラジオミール40mm (2003年E番)
・Panerai PAM00163 SS ヴァルジュー234搭載クロノ (SE;限定230個)
・Panerai PAM00241 SS クレドパリ仕様、パワーリザーブ表示 (2013年P番)
・Panerai PAM00168 SS 2003年ローレウスレガッタクロノ (SE;限定399個)
・Panerai PAM00161 SS GMT (2010年M番)
・Rolex GMTマスターⅡ赤青 ref.16710 (1998年U番)
・Cartier タンクアメリカンLM YG
・Cartier Pasha38mm SS

20151231


ということで、来年2016年もこれまで通りチマチマ自分勝手にやって行く予定。
今年のようには買えなくなるので(そして今のところ是が非にでも欲しいアイテムはほとんどないため)、時計購入の話題はほとんど出来ないだろう。
それより、愛用する時計の日々の表情とか、他のファッションアイテムの話とか、気に入ったショップやグルメの話になっていくと思う。


『絶海の孤島』とも言える超絶マイナーな当ブログを訪れて下さる奇特かつ希少な皆さん、良いお年をお迎え下さい。
これからも、お時間がある時に軽い気持ちでお寄りいただければ嬉しいです。
来る2016年も勝手な事ばかりほざく予定ですが、お付き合いのほどよろしくお願いしますm(_ _)m。

2015年12月30日 (水)

今年ラストの忘年会

昨日は、今年ラストの忘年会を銀座で開催。
メンバーはブログ仲間としてお付き合いいただいているOさん、Pさんそして私の3人。
こじんまりしたささやかな会ではあるが、細く長く続いている。

完全個室を予約したので、店内の喧騒からは隔絶され、落ち着いて話が出来た。
また料理がとても美味しく、お2人にも満足していただけたようだ。
旨くて箸を動かす方が先になってしまい、料理の写真を撮るのをすっかり忘れてしまった(爆)。

20151229a
20151229b
20151229c



集まった時計達。
この日が、2人へのレアクロノPAM00163のお披露目となった。
Oさんはチュードルの青サブ、PさんはRolexのGMTマスターⅡref.16710赤青Y番を持参。
それに合わせて、私もRolexのGMTマスターⅡref.16710赤青U番を添えた。
Pさんがジュビリーブレスにしたというのを聞いていたので、当日昼に私も慌ててジュビリーブレスに換装。
おかげで集合時間に10分遅れてしまい、醜態をさらす羽目に(爆)。

今回も当然時計談義が炸裂し、特に来年何を買う予定かを各人が語りさらにそこに突っ込みを入れるなどして、大いに盛り上がった。
久々に趣味オンリーの話を満喫し、頭の中が大いにリフレッシュ出来たように思う。

お2人とも、長時間お疲れ様でした。
来年も、今年同様よろしくお願いします。

20151229d

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ