最近のトラックバック

フォト

手植え靴ブラシ

2018年9月30日 (日)

手植え靴ブラシ収集の旅その6~藤本虎の山羊毛ブラシを受け取る

さて、手植え靴ブラシを収集する旅はまだ続いている。
この夏に、いくつかの店から両手に余るほど購入して来たのだが、それもあともう少しで終わりそうだ。

先日は、浅草雷門にある「藤本虎」に行って、予約してあった手植え山羊毛ブラシを2つ受け取ってきた。
この店からは、その前に馬毛ブラシを2つ購入している。
サービスで、今回もコバ(エッジ)用靴クリーム塗布ブラシをいただいた。

20180930a

20180930b
20180930c



購入したのは手植えの山羊毛ブラシで、ワックス掛けして鏡面仕上げを行う際の、仕上げのブラッシングに使う。
毛丈が40mmと30mmの2種類あって、それぞれ1個ずつ。

20180930d
20180930f



下写真のように、山羊毛の面は江戸屋の山羊毛ブラシに比べてややでこぼこした感じになっている。

江戸屋との違いは、なんといっても価格である。
藤本虎の2個は、合計で税込み12000円ほど。
江戸屋の約1個分である。
つまり江戸屋の方が倍高いのだ。
性能にはそれほど顕著な違いはないと思われるので、コストパフォーマンスからすれば藤本虎のものはお買い得である。

20180930e




この手植えブラシを収集する旅、いよいよ大詰めを迎えていて、あとは「山田刷毛ブラシ製作所」に予約してある山羊毛ブラシを受け取るだけとなった。
出来上がりは10月とのことである。

これを受け取れば、ようやく我が『収集の旅』も大団円を迎える。

2018年9月 9日 (日)

手植え靴ブラシ収集の旅その5~宮川刷毛ブラシ製作所にもう一度

先日、またも浅草稲荷町の「宮川刷毛ブラシ製作所」に行って、手植えの靴ブラシを3個購入してきた。
その前に行った時に買った長めの豚毛のブラシがとても良かったので、ここの本格的かつフラッグシップ的な豚毛靴ブラシを買いたくなったのだ。

買ったのは、
・黒豚毛ブラシ…靴クリーム塗付用(主にブラック専用)
・白豚毛ブラシ…靴クリーム塗付用(茶系用)
・黒馬毛ブラシ…靴クリーム塗付用(主にブラック専用、Aldenコードバン用)



「宮川刷毛ブラシ製作所」の靴ブラシは、なんといっても豚毛のものが良い。
コシが強く、そしてしっかり林立している。
また毛先が江戸屋のブラシより長めで、木の部分が靴に当たる心配もなく使いやすそう。

とりあえず3個買ったところ、店主のおばあさんが「もうそれだけ買ったら、一生モノだよ。それ以上必要ないから。」とキッパリ。
本当のことをズバリ言ってくれて、そして商売っ気が全くない。

こういうところが江戸前の職人気質なんだよね。
いつまでも廃れないで残って欲しいものだ。

20180806l_2
20180806m_2

20180806n_2

2018年8月24日 (金)

手植え靴ブラシ収集の旅その4~かなや刷子と藤本虎

江戸屋から始まった私の手植え靴ブラシを集める旅も、江戸屋→宮川刷毛ブラシ製作所→山田刷毛ブラシ製作所まで進んだ。

今回は、浅草の中心に店を2店舗構える「かなや刷子」と地下鉄銀座線浅草駅から徒歩1分という絶好の場所にある「藤本虎」



まずは地下鉄銀座線の田原町で降りて、創業大正3年の「かなや刷子」へ。
伝法院通りは小さな店が密集しているので、ちょっと油断していると見逃しそう。
それにしても浅草は外人の観光客だらけで、平日行ったにもかかわらずあまりの人出に辟易してしまう。
ようやく見つけて店に入ると、ここもまた他の銘店と同じく刷毛とブラシに覆い尽くされた世界であった。

20180820a

20180820b



「かなや刷子」には、白豚毛と馬毛の手植えブラシが数セット置いてあった。
それぞれ6990円。

私は山羊毛ブラシが欲しかったのだが、残念ながら在庫がないとのこと。
白豚毛と馬毛の方は、毛がやや開き過ぎているような感じがしてピンとこなかったので、ここで買うのは止めた。

20180820c



お次は、地下鉄銀座線の浅草駅すぐ近くにある明治創業の「藤本虎」までテクテク歩く。
店頭には大きな暖簾が掛かっているので、すぐに見つけることが出来た。

現在の在庫は白と黒の豚毛と馬毛で、残念ながら山羊毛はなし。
こちらの馬毛ブラシは手触りが良く、柔らかくそしてコシがある感じがした。
その感触を頼りに、「藤本虎」で白馬毛のブラシを買うことにした。
そして山羊毛ブラシを予約注文。

20180820d

20180820e




今回「藤本虎」で買った馬毛ブラシがこれ↓。
毛先の長さが異なるものを2個。
そうしたら、靴のコバにクリームを塗りつける用にということで、ブラシを1本サービスしてくれた。

20180820f

20180820g



左の馬毛ブラシは毛先27mm、右の白馬毛ブラシは40mm。
両方ともかなり柔らかく、コシもありそう。
左の毛先の短い方は、靴クリーム塗布専用である。
右の方は40mmと毛先が長いので、クリーム塗布だけでなく汚れ落としも兼用出来るのかも。

20180820h

20180820i
20180820j



この日の足元はAldenのカラー8コードバン製ローファー#67169。
そして左腕には、もはやこれ一本しかない存在のRolexディープシー・Dブルーをこの日も。

シャツは無銘のアロハ。
今年のように酷暑だともはやスーツはノーネクタイであっても論外で、アロハのようなラフなスタイルになってしまう。

20180820k
20180820l

2018年8月19日 (日)

手植え靴ブラシ収集の旅その3~お次は、山田刷毛ブラシ製作所

お江戸の職人さん達が作る手植えの靴ブラシにハマって、はや2か月(爆)。
今度は東京神田神保町にある、創業から100年以上経ったこれも老舗のブラシ屋さん「山田刷毛ブラシ製作所」に行ってみた。


決して広くないこじんまりとした店の中には、刷毛、ハケ、刷毛、ブラシ、刷子、ブラシの数々が陳列されている。
奥の方で、たった一人でこの店を切り盛りしていらっしゃる店主。
訪ねた時は黙々と製作の真っ最中だったので、とっつきにくいかなと一瞬思ったが、さにあらず。
職人ならではの誠実さで、製造の仕方や材質などを丁寧に説明してくれた。

20180819a

20180819b
20180819c



これが、当店で今現在買える手植え靴ブラシの全て。
あいにく山羊毛ブラシはなく、予約して数か月待ちらしい。
また今は白豚毛が需要ひっ迫しているらしく、かなり高価になってしまっているとのこと。

20180819d



今回買ったのは、

・白豚毛・・・靴クリーム塗布用
・馬毛(たてがみ)・・・汚れ払い用
・白馬毛・・・靴クリーム塗布用(コードバン専用)

の3個。

手書きの取扱説明書が、職人らしい朴訥な誠実さを感じさせる。
ブラシの毛のところを、別紙できちんと包装してくれた。
また「大極上」とか「飛切無類」とかの漢語キャッチフレーズが粋で、蜻蛉のマークと「神田山田製」の焼き印も味がある。
まさに手作り感に溢れかえっているのが好ましい。

20180819e

20180819f
20180819g



この白豚毛の靴クリーム塗布用ブラシは、こしの強い良質な豚の毛を使っている。
税込み8900円は、なんと、あの江戸屋の豚毛ブラシよりも高い。
現在では良質な白豚毛の入手が容易ではないらしく、その反面需要が多いため、必然的に価格が高騰してしまったらしい。

20180819h
20180819i
20180819j


こちらは馬毛(たてがみ)の汚れ払い用ブラシ。
税込み4300円とリーズナブルなお値段。
江戸屋の同じタイプと比べて、毛がやや長くしかもとても柔らかく感じる。
コードバンなどのデリケートな革の汚れ落としに最適ではないだろうか。

私個人は先ほどの白豚毛の靴クリーム塗布用ブラシと、この馬毛(たてがみ)の汚れ払い用ブラシが一押しだ。
あともう1個ずつ増強しようかと考えている。

20180819k

20180819l
20180819m



この日の我が左腕の相棒は、もはやこれしか持っていないという感じで、Rolexディープシー・Dブルー
足元はAldenのカラー8コードバン製タッセルローファー#563。
この夏は、このあたりを使い回し着回して、だいたい間に合っている。

20180819n

20180819o

2018年8月13日 (月)

手植え靴ブラシ収集の旅その2~宮川刷毛ブラシ製作所

300年続く日本橋大伝馬町の江戸屋で、高価な手作り靴ブラシを買ったことで触発されて、最近は靴ブラシに凝っている。
つい先日も、今度は浅草稲荷町にある創業100年を超える老舗、宮川刷毛ブラシ製作所に行ってきた。

当日は先代の奥さんと三代目の娘さんに応対していただいた。
1時間近くおじゃましたのだが、他に1人外人客がいただけですぐに帰ったので、実質ほとんどつきっきりでブラシの材質とか製造方法を聞かせていただいた。

20180806a

20180806b

20180806c
20180806d



買ったのは、毛の非常に長い豚毛ブラシ。

この毛の非常に長い豚毛ブラシは埃払いやごみ取りに使うもので、ここまで毛が長いと触り心地は山羊毛とほとんど変わらない。
むしろ靴用にするには勿体なさ過ぎるそうで、普通はカシミアの洋服用ブラシとして使うのだとか。
とにかく感触が素晴らしいモノであった。

このブラシは、話の成り行きで陳列の奥から特別に出してもらったのだが、一目で気に入って即購入。
ついでに馬毛の歯ブラシも1つ。


20180806e

20180806f

20180806g
20180806h



江戸屋で買った花馬毛の埃払い用ブラシと比べてみる。
今回買った方が毛の長さが断然長く、しかも豚の毛なのでコシもある。
そして手触りも断然柔らかいのだ。

元々が靴用ではなく、カシミアの洋服用だったらしく、靴に使うのを躊躇する。
しばらくはマイコレクションとして、未使用のままストックしておこうか…(苦笑)。

20180806i



当日も酷暑で、炎天下の中の外出だと当然ラフな格好になる。
Paul Smithのシャツにジーンズを合わせ、靴下は最近ご愛用の無印良品製フットカバー。

靴は、これも多用しているAldenのカラー8コードバン製ハイバンプローファー(#67169)。
左腕の相棒は、ここ数か月はこれしか持っていないという感じでRolexのディープシーDブルー一択。

20180806j

20180806k

2018年8月 5日 (日)

手植え靴ブラシ収集の旅その1~江戸屋の靴ブラシを増強

8月に入ってから、一段と暑さがキツイ。
7月の暑さも8月の暑さも異常である。

そんな中、このクソ暑さをものともせず、日本橋大伝馬町にある江戸屋ブラシに行ってきた。
江戸時代の享保3年(1718年)から続く老舗中の老舗である。
前回はネット通販にて、豚毛ブラシを2個、花馬毛ブラシを1個そして山羊毛ブラシを2個購入したのだが、今回は直接店舗に伺った。

20180805a



購入したのはこちら↓。
・豚毛ブラシ1個
・白馬毛ブラシ2個
・山羊毛ブラシ1個
・馬毛歯ブラシ1本

そして日本橋界隈の会報誌などもサービスしていただいた。
この冊子、中々に読みごたえがあり日本橋に関する知識も増える。

20180805b




歯ブラシは、これまではごく普通の市販ナイロン製を使ってきたのだが、すぐにヘタってしまうため、試しに馬毛のブラシを使ってみようと思い買った。

靴ブラシは、主にAldenの靴専用にしようと思っている。
Aldenはカラー8のバーガンディ、ブラックそしてシガー(チョコレート色)の3色を持っているので、そのための増強である。

20180805c

20180805d



この日ももちろん、RolexのディープシーDブルーを腕に嵌めた。

足元は、またもやAldenのカラー8コードバン製タッセルローファー。
最近はこれ中心にローテーションしている。
無印良品のフットカバーを履いて、少しでも涼しく。

ちなみにこの無印良品のフットカバー、値段が320円ほどなのだが履き心地が抜群。
なにより踵がずり落ちないのが素晴らしい。
この値段でこの性能なら、文句なしである。

20180805e
20180805f
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ