最近のトラックバック

フォト

Rolex&Cartier

2017年6月 6日 (火)

CartierとRolex、メンテナンスの話

最近の左腕の相棒はもっぱらRolexのディープシー・DブルーやPaneraiが占有していて、Cartierのパシャ38mm径SSの出番は全くない。
かれこれ1年以上、お蔵入り状態で眠っている。

私が所有するパシャ38mm径SSメタルブレス仕様は、もう5年以上前に中古で購入したものである。
2~3年前にオーバーホールした際に、中身のムーブメント一式、3針、竜頭一式そしてケースまで新品に交換したので、新品でないのは文字盤、ベゼルそしてメタルブレスぐらいということになった。
このオーバーホールによって、半分以上は『セコハン』『ちゅうぶる』(←すでに死語?)ではなくなったので、とても気分が良い。

Cartierpasha38mm20



さて、今さらパシャの話題をなぜ持ち出したかというと…。


本日久しぶりに「power Watch」という時計雑誌を買ったのだが、その中に古いデイトナ(ref.6263)をスイスジュネーブのロレックス本社に依頼してオーバーホールした話が出ていた(12~13ページ)。
詳しくはこの雑誌を見てもらうとして、デイトナref.6263はケースが丸ごと交換され、それによって古いにもかかわらず100m防水性能を回復したらしい。


20170606a
20170606b



私のCartierパシャ38mmSSも、ケースを丸ごと新品に交換したので、100m防水性能が回復している。
古いデイトナと2005年ごろまで現役であったパシャを比べるのは話が違うかもしれないが、ケースを交換した事によって防水性能が回復したというのは同じ事例だと言えよう。
たいした話ではないのだが、この記事を読んでいて同じだなぁ…とつい思ったので、私も記事にした次第。


ちなみに、日本ロレックスでは1970年代以降のモデルしか対応しないと言われている。
それでこの雑誌の記事の古いデイトナ(ref.6263)は、わざわざスイス送りにしたそうである。
そしてスイスジュネーブのロレックス本社では、4桁モデルにもかかわらずきちんと対応した。
業者や業界関係者と違って、我々一般消費者にはスイス送りにする伝手(つて)はない。
そのようなルートさえあれば、そしてロレックス本社自体がそのようなルートを公式化してくれさえすれば、古いモデルの所有者もようやく安心出来るのだろうが…。

ちなみに、Patek Philippeでは過去に販売された全てのモデルをいついかなる場所からでも受け付けてくれるという話を聞いたことがある。
これが本当なら、さすがはPP、まさに時計メーカーの鏡と言えよう。


(下↓はCartierパシャ38mmSS。ステンレスブレスとベゼルが涼しげで、これからのシーズン向きである。)

Cartierpasha38mm11

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ